• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

Digital Transformation あたらしい変革のチカラ
nikkei BPnet Special
Digital Transformation あたらしい変革のチカラ

何度かのブームを経て、AI(人工知能)は様々な分野で実用化の段階に入っている。1998年の設立以来、オートノミクス(自律型)とコグニティブ(認知型)技術に取り組んできたIPsoftは、2014年に人間のように...

最近、雑誌や新聞などでもクラウドだけを取り上げ、その概念や基本的な仕組みについて論じている記事を目にすることは少なくなった。もはやクラウドは一般的なビジネス用語となり、官民の情報システムのごく普通の構成要素と...

「ワンストップソリューション・グローバルサプライヤー」を目指し、電子デバイスからシステムまで広範なベストプラクティスを提供する萩原電気。中部地区に集積する自動車産業を中心に培ってきたFAや産業用コンピュータな...

世界有数の地震国で、風水害も多い日本。災害に備えるとともに、犠牲者を少しでも減らして、被害を最小限に抑えたいというのは誰しもが考えるところだ。そこで注目されるのが災害時に住民の生の声がいち早く流れるといわれる...

アメリカ経済への依存度の高さや、油価の下落による石油産業への打撃、貧富の格差など様々な課題を抱えながらも堅調な経済成長が続くメキシコ。そんな中、2016年のメキシコ住宅市場は経済の安定化や人口の若年化など、多...

豊かな自然を有するニュージーランド。国土全体の30%あまりを管理下に置くニュージーランド環境保全省は、今後、世界最大級の海洋保護区もその対象に組み入れる予定だという。同省では広域に渡るデータの取り扱いをより効...

見込み客リストからより多くの売り上げを得るために、営業活動の効率を上げるためのデジタル化が常識となっている現在。SFA(Sales Force Automation)をはじめとする各種ツールと、それらのツール...

2000年代初頭からデジタル・マーケティングに注力してきたNECは、社会ソリューション事業におけるB2Bビジネスの拡大を後押しすべく、その実践レベルを一段上に進化させる変革に乗り出した。これまで手作業に依存し...

“持たざるIT”を可能にするクラウド・コンピューティングは、企業のIT環境やビジネス環境を大きく変えつつある。だがこの変化も、これから起きる変革に比べれば小さなものかもしれない。「スマートフォンをはじめとする...

旧来のパッケージ型ERPは、大企業の基幹業務を支える基盤であり、導入にも運用管理にもITスキルを要するものだった。だが、クラウド型ERPの登場で状況は大きく変わった。企業規模や業種を問わず、どんな業種でも柔軟...

人手不足や人材の可視化など、人事における課題を抱えている中堅企業は少なくない。人材エージェントに支払う金額もばかにならない。そして中堅企業の人事部門は多忙だ。いかに業務負荷を減らし、より付加価値の高い業務に集...

「2020年までにクラウドでNo1になる」と宣言した日本オラクル。具体的にどのようにして「クラウドでNo1」になるのか。そのテクノロジー面からのアプローチを紹介する場となったのが、2016年4月26日に開催さ...

環境変化の激しい昨今、その動きに左右されやすい研修サービス市場において、毎年20%前後という驚異的な右肩上がりの成長を続けているインソース。そこにはどんな秘密が隠されているのだろうか。根底にあるのは、創業当時...

「瀬戸内国際芸術祭 2016」の開催地のひとつである香川県小豆郡土庄町豊島(てしま)。人口約1,000名、周囲20kmの島で、電動二輪車を活用したパーソナルモビリティのレンタルサービス事業が、2016年3月2...

食と豊かな自然で知られる日本有数の観光地、北海道。外国人旅行者などのインバウンドをさらに呼び込んで地域経済を活性化したい、というのが道内の企業・団体に共通する思いだ。札幌市の広告会社であるインサイトは、そうし...

「黒ラベル」や「ヱビスビール」といった老舗ブランドのビールで、多くの消費者から人気を集めているサッポロビール。しかし、その勢いを今後も継続し、売り上げを伸ばしていくためには、20~30歳代の若い世代のファン層...

企業の潜在的なニーズを広い目で察知し、自社が保有する多様な製品や技術を上手くマッチングさせられれば、新規商談に発展する可能性は大きく広がる。この狙いのもと、浜松ホトニクスが取り組んだのが、マーケティング・オー...

茨城県を地盤とする常陽銀行は、ダイレクトバンキングセンターを2014年7月に設置。その目的は、非対面チャネルでの顧客対応の向上だ。同センターの施策の一つが、顧客が必要とする情報を記載したWebのアンサーページ...

世界で第3位の経済大国である日本は、人口減少の局面を迎えており、15歳以下の子供の数に対して65歳以上の高齢者の数は2倍となっている。この 現状が将来的に労働市場に与える打撃を回避するため、安倍首相 は出生率...

 「爆買い」のキーワードに象徴されるインバウンド(海外からの訪日観光客)の旺盛な消費意欲を取り込むべく、多くの小売業が対応を強化している。しかし、その結果として日本人の客離れを招いてしまったのでは意味がない。...

TOP