• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

Digital Transformation あたらしい変革のチカラ
nikkei BPnet Special
Digital Transformation あたらしい変革のチカラ

いよいよ、女性起業家と技術系女性を支援する活動が本格化する。サンフランシスコで設立された「Girls in Tech Japan」の12月に実施された東京ローンチイベントを取材。

オラクルのCEOであるサフラ・キャッツは、「当社がクラウド分野で拡大するにつれて、その成長スピードも早くなっている」と述べ、2017年度(FY17)第2四半期のSoftware as a Service(Sa...

インターネットが引き金となり様々な業界が大きな変革期を迎えている。これを「第4次産業革命」と称し、自ら牽引するのがGE(ゼネラル・エレクトリック)だ。「産業界を熟知しているからこそ」と創業134年の同社はその...

ここ1年で頻繁に耳にするようになった「HR Tech(HRテック)」という言葉、語源は「HR Technology」で人事部門におけるテクノロジー活用と解釈すれば、今さらという印象をうける。HR Techとい...

IT専門調査会社のIDCによると、米連邦政府のクラウド関連支出は2016年に67億ドル(全IT支出の8.5%)に達し、早ければ2018年には全IT支出の約半分を占めるものと見込まれている。

最近、雑誌や新聞などでもクラウドだけを取り上げ、その概念や基本的な仕組みについて論じている記事を目にすることは少なくなった。もはやクラウドは一般的なビジネス用語となり、官民の情報システムのごく普通の構成要素と...

アメリカ経済への依存度の高さや、油価の下落による石油産業への打撃、貧富の格差など様々な課題を抱えながらも堅調な経済成長が続くメキシコ。そんな中、2016年のメキシコ住宅市場は経済の安定化や人口の若年化など、多...

旧来のパッケージ型ERPは、大企業の基幹業務を支える基盤であり、導入にも運用管理にもITスキルを要するものだった。だが、クラウド型ERPの登場で状況は大きく変わった。企業規模や業種を問わず、どんな業種でも柔軟...

人手不足や人材の可視化など、人事における課題を抱えている中堅企業は少なくない。人材エージェントに支払う金額もばかにならない。そして中堅企業の人事部門は多忙だ。いかに業務負荷を減らし、より付加価値の高い業務に集...

世界で第3位の経済大国である日本は、人口減少の局面を迎えており、15歳以下の子供の数に対して65歳以上の高齢者の数は2倍となっている。この 現状が将来的に労働市場に与える打撃を回避するため、安倍首相 は出生率...

 「爆買い」のキーワードに象徴されるインバウンド(海外からの訪日観光客)の旺盛な消費意欲を取り込むべく、多くの小売業が対応を強化している。しかし、その結果として日本人の客離れを招いてしまったのでは意味がない。...

顧客志向型市場において成功する企業とは、自社の顧客層に対してパーソナルで、創造的かつインタラクティブな関係性の構築に徹底的にこだわる「Customer-Obsession(顧客満足への執着)」を持つ企業だ。幸...

最近のニュースや記事でよく目にする、「ワークライフバランス」や「QOL(Quality Of Life)」。従業員のモチベーションや定着という観点から重要だというのは理解できるが、企業としては営業の成果を上げ...

ERPを導入している企業は多い。しかしほとんどの企業が「ERPは金食い虫で投資対効果に見合わない」と感じているのではないだろうか?本来、企業の収益を向上し競争力の源泉となるのは「差別化領域」であり、ここにはア...

人事部門は大きな曲がり角を迎えている。求められているのは、戦略的な役割を担う人事部門への進化だ。従来のコントロール業務や社員に向けたサービス業務だけでなく、経営戦略をサポートし、ビジネスをドライブする部門へ舵...

人材管理(Human Capital Management: HCM)において最も注目されているのが、人材採用とソーシャル・メディアを組み合わせた“ソーシャル・リクルーティング”である。

デジタル・ディスラプション(digital disruption:デジタル時代の創造的破壊)とは、最近注目されているビジネス用語で、起業家精神旺盛なミレニアル世代が目指す成功のための新たなスローガンとなりつつ...

TOP