未来開墾ビジネスファーム 創発アイデア収穫中!

人材育成、教育が変わる
~農業は人づくりからはじまる~

実は、都会のビジネスマンたちの間でも農業に関心がある人たちが増えています。 ただ、どうやれば農業を始めることができるのか。就農の道筋が分かりにくい問題があります。 一方で、既に農業をしている人たちに対しては一層のビジネスセンスが求められている時代になってきました。 これらのギャップを解決するのが農業の教育であり、人材育成です。今月は人づくりの現場を紹介します。

付加価値を高める新・農業
~商品開発、物流、販促で工夫~

農作物を消費者に届けるまでにはいくつもの工程があります。 商品開発から、マーケティング物流、店頭での販売まで。それぞれの工程で、新しい価値が生まれています。 今月は新しい商品ブランドづくり、容器開発、供給体制の改革に挑んでいる人たちを紹介します。

新しい一歩を踏み出すための経営戦略
~多角化や総合事業の強みとは~

製品やサービスの入れ替わりが激しい昨今は、先を読んで新しい経営戦略を練ることが大切です。 そのためには、諸外国の成功事例に学んだり、事業の多角化にも目を向けたりする必要があります。 また全く異なるジャンルの企業同士が手を組んで新たなビジネスモデルを生み出すほか、 自社の各事業をネットワーク化する手もあるでしょう。さまざまな企業の新たな経営戦略を紹介します。

農業を変える最新技術
~コスト削減、効率化へ向けて~

ドローン、ロボットといった技術が農業の世界でも力を発揮しつつあります。 IoT(モノのインターネット)時代を迎えて、農業はどう変わってくのでしょうか? 10月に掲載するコンテンツは、コスト削減や人材対策、効率化などを目指して、最新の技術を活用した現場を訪ねます。