入浴+しっかり水分補給でお肌ぴかぴか!免疫力もアップ!

 ほかほかと湯気をたてる湯船が恋しくなる季節。シャワーと違って、ゆっくり湯船に体をつける入浴は、冷えた体を芯から温めるのはもちろん、血流促進による冷え症改善、心身のリラックス、発汗による新陳代謝アップなども期待できる。
 一般的には38~40°Cのぬるめのお湯にゆっくり入って、じわじわと体温を上げるといいといわれているが、腰から下を集中的に温める半身浴や、ひざ下を湯につける足湯だけでも体は温まり、発汗も促される。
 寒さや乾燥で肌のかさつきが気になる、手足が冷たいという人は、発汗や保湿作用のある入浴剤を使ったり、リラックスできる香りの精油を垂らすなどしてもいい。入浴タイムを自分磨きの時間にしていこう。

 ところで、新たな入浴法として、最近話題になっている「HSP(ヒートショックプロテイン)入浴法」をご存じだろうか? ぬるめのお湯にゆっくりつかるのではなく、「40~42°C前後で10~20分間」と、熱めのお湯でしっかり体を温める方法だ。
 この入浴法を提唱する愛知医科大学の伊藤要子准教授はこの入浴法で「体をストレスから守る力が高まる」と説明する。
 HSPとはストレスで傷ついた細胞を修復し、元気にするたんぱく質のこと。「体は“ストレス”と感じるが、細胞が死ぬほどではないマイルドなストレスを与えることで、体内のHSPが増え、傷や病気が治りやすくなったり、疲れにくい、カゼやインフルエンザにかかりにくい、低体温体質が改善する、などの健康増進作用があることがわかってきた」(伊藤准教授)
 HSPを増やすストレスは、精神的な緊張や運動、また紫外線や放射線などの環境的要因などさまざま。「その中で最も手軽で安全なのが熱ストレス」だと伊藤准教授。
「家にあるお風呂を加温装置として使えばHSPを増加させ、疲れにくい元気な体を維持することができる。実際に加温装置を使った“マイルド加温療法”を、がん治療の化学療法などと併用する臨床研究が行われている」(伊藤准教授)
 家庭でできるマイルド加温としてのHSP入浴法は、40~42°Cの浴槽に10~20分つかればいい。体温計を口にくわえ、体温が38°C以上になり、汗が出るのをめどに体を温めたい。
 入浴後はバスタオルなどで全身をくるみ、熱を逃さないよう10~15分安静に。水分補給も入浴前後で500mlを目標にしっかりと行いたい。
 伊藤准教授が行った研究では、HSP量が最大になるのはHSP入浴を行った2日後。ここをピークに1~3日ぐらいは効果が持続する。また、体温を38°Cまで上げた人はHSPが約1・5倍に増えていたという。
 階段昇降を行ってデータをとったところ、HSP入浴を行った人の方が疲労感は軽かった。「大切な日やストレスが予想される2日前にHSP入浴を行えばストレスや疲れが軽減できる。効果の持続から考えて週に2回が効果的。疲れやすい、元気になりたいという人にはおすすめしたい」(伊藤准教授)