• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
Digital Transformation あたらしい変革のチカラ

 「瀬戸内国際芸術祭 2016」の開催地のひとつである香川県小豆郡土庄町豊島(てしま)。人口約1,000名、周囲20kmの島で、電動二輪車を活用したパーソナルモビリティのレンタルサービス事業が、2016年3月26日からスタートした。ソフトバンクとPSソリューションズが開始した「瀬戸内カレン」がそれである。

 ソフトバンクが取り組む「Internet of Things」(IoT:モノのインターネット)の一形態であり、移動体、モビリティに特化した「Internet of Moving Things」事業の第1弾。乗りものには本田技研工業の電動二輪車「Honda EV-neo(イーブイ・ネオ)」を使用する。豊島に来島した観光客が島をめぐる移動手段として利用できるほか、走行中の車両から位置情報やバッテリーの充電状況などを取得し、島内でのサービス向上などに活用する取り組みだ。

芸術の島を電動二輪車で周遊

 豊島は、瀬戸内海の東部に位置し、小豆島の西側3.7㎞の海上にある。香川県高松港からフェリーを使えば、約35分で上陸できる。自然が豊かな「瀬戸内海国立公園」に含まれ、縄文時代の遺跡が点在し、棚田が広がる風景は、日本の原風景ともいえるものだ。

 また、芸術にも力を注いでおり、豊島美術館には全世界から観光客が訪れるほか、2016年3月から開催されている現代芸術の祭典「瀬戸内国際芸術祭 2016」の会場のひとつにもなっている。

 “3年に1度”のトリエンナーレ形式で開催されている同芸術祭は、今年も春(2016年3月20日~4月17日)に続いて、夏(2016年7月18日~9月4日)と秋(2016年10月8日~11月6日)に分けて、それぞれ開催される。これも国内外からの観光客の来島を後押ししている。

 ソフトバンクは、3年前に開催された「瀬戸内国際芸術祭 2013」においても、土庄町、ベネッセホールディングスと共同で、2人乗り電気自動車を活用した実証実験を行った経緯がある。

 今回の「瀬戸内カレン」はこうした実績を生かしながら、よりパーソナルな移動ができる電動二輪車を使用。さらに、日本オラクルが協力することにより、IoTを活用した取り組みへと進化させた。

 レンタルサービスの事業運営は、ソフトバンクグループのPSソリューションズが行い、13台の電動二輪車を使用。1日3,800円で利用でき、専用ホームページ(http://www.setouchi-karen.com)から、事前に予約および決済を行うことが可能。貸し出しは、フェリーが発着する豊島家浦港近くの貸出返却拠点で行う。