• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
Digital Transformation あたらしい変革のチカラ

受注件数前年比40%増を達成 ある企業が導入した「顧客創出ツール」の強化策

環境変化の激しい昨今、その動きに左右されやすい研修サービス市場において、毎年20%前後という驚異的な右肩上がりの成長を続けているインソース。そこにはどんな秘密が隠されているのだろうか。根底にあるのは、創業当時からの徹底したIT活用だ。ゼロから顧客を獲得し、取引を拡大していく「Plants(プランツ)」と呼ばれる営業活動支援ツールを自ら開発。そこにマーケティング・オートメーションの仕組みを融合しながら、さらなる進化を図っている。

急成長の背景にある三つの“理由”とは

 日本の企業向け研修サービス市場は、企業における人材の採用意欲の回復やダイバーシティへの対応といった背景から、「新人研修」「ダイバーシティ関連研修」の伸びは顕著であるものの、全体としては微増となっている。また、それ以前についても、景気浮沈の影響を常に強く受けてきたのが実情だ。同様に将来についても楽観視してはいられない。少子高齢化による働き手の減少、企業の国内活動の空洞化などにより、研修サービス市場も縮小していく恐れがある。

 そうした厳しい情勢の中で2003年1月の事業開始以来、売上ベースで毎年20%前後という驚異的な右肩上がりの成長を続けているのがインソースだ。年間の研修実施回数は1万2283回(2014年10月1日~2015年9月30日)、延べ受講者数は32万8179人(同)に達する。

インソースの研修はワークショップ型だ

 急成長を続けるインソースの秘密はどこにあるのだろうか。同社 デジタルマーケティンググループのグループ長である市川紀子氏が示すのは、次の三つの“理由”だ。

 まずは「商品開発力」。研修で使用する様々なコンテンツを、インソースはすべて自社開発している。「時代のニーズをとらえて年間100種類以上の新作コンテンツを開発し、従来とは異なる手法を取り入れた最先端の研修を最速で提供しています」と市川氏。例えば、LGBT(性的マイノリティー)研修や外国人管理職向け研修といったプログラムについても、いつでも提供可能な体制を既に整えているという。

 そして、第二の理由は、「ITを活用した営業推進策と全国展開」だ。全国規模で研修サービスを展開する企業がほとんどない中で、インソースは早い段階から全国に営業拠点を開設し(現在14カ所)、望みの研修を1名から受けられるサービス体制を整えてきた。

 また、いち早くネットワークを駆使した営業活動を推進し、その一環として研修コンテンツの詳細内容やグループワークの進め方といったノウハウを惜しむことなくWebに公開してきた。「情報は隠すのではなく “拡散”させることで、より大きな効果を生み出します。Webサイトを見て興味を持たれたお客様からの問い合わせをきっかけに、取引を拡大してきました」と市川氏は強調する。