• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
Digital Transformation あたらしい変革のチカラ

ITジャーナリスト
谷川 耕一

 「2020年までにクラウドでNo1になる」と宣言した日本オラクル。具体的にどのようにして「クラウドでNo1」になるのか。そのテクノロジー面からのアプローチを紹介する場となったのが、2016年4月26日に開催された「Oracle Cloud Platform Summit Tokyo」だった。

デジタルディスラプションのプラットフォームもクラウド

 基調講演に登場した日本オラクルの取締役 代表執行役社長 兼 CEO杉原 博茂は次のように述べる。「社会に貢献するクラウドカンパニーを目指します。デジタル技術で社会を良くしていく。その際に日本の現状を今一度踏まえ、やっていきます」。ここで言う日本の現状の1つが、今後深刻となる労働人口の減少だ。2020年までに日本の人口は250万人減少し、その時点で人口の約3割が65歳以上の高齢者となる。「65歳も働かなければならない時代、そのときの働き方をどうすればいいのか。労働人口減少の問題を解決するには、ITで生産性を高めなければなりません」。このときに活用することになるのがクラウドだ。

 一方で今、急激に進んでいるのがデジタル化だ。生活の隅々までがデジタル化しつつあり、それにより「デジタルディスラプション(デジタル化による破壊的変革)」が起きている。破壊という言葉はネガティブに捉えがちだが、デジタルディスラプションはそうではない。むしろ社会にとって良いことであり「これは未来に馴染むことです」と杉原は述べる。

 デジタルディスラプションの中で、自らが市場の破壊的変革者になる。その際に活用するプラットフォームもクラウドだ。オラクルのクラウドの強みは、データベースやアプリケーション開発基盤などのプラットフォーム(PaaS)と、サーバーなどのITインフラストラクチャ(IaaS)の両方があること。Amazon Web Servicesやマイクロソフトは、これまでのところIaaSが中心でありPaaSはこれからだ。

 クラウドにはもちろんコスト面でのメリットもある。Oracle Cloudには保守費用も含まれ、運用管理のコストも発生しない。それでいて、オンプレミスで培ってきて高度な技術と同じものを全て利用できる。

1,200名以上が来場した「Oracle Cloud Platform Summit Tokyo」