• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
Digital Transformation あたらしい変革のチカラ

もはやERPは大企業だけのものではない! クラウド型ERPを活用した「おこわ職人」たちの挑戦

旧来のパッケージ型ERPは、大企業の基幹業務を支える基盤であり、導入にも運用管理にもITスキルを要するものだった。だが、クラウド型ERPの登場で状況は大きく変わった。企業規模や業種を問わず、どんな業種でも柔軟かつ手軽に導入できるビジネスの武器となった。全国におこわ専門店を展開する米八グループは、クラウド型ERPで経営に関わる数字の見える化を実現した。

勘と経験の店舗運営が、情報管理・活用の遅れを招く

 デパ地下といえば多彩なテナントが競い合うグルメの最前線だが、その激戦の中で「おこわ」の専門店としてブランド力を高め、成長してきたのが、東京都武蔵野市に本社を置く米八グループだ。デパ地下テナント店舗の運営管理に特化した米八東日本、米八西日本、全国のテナントへ食材・包装資材のサプライおよびおこわ弁当の宅配事業を手がけるプラス米八の3社を100%子会社として傘下に持つホールディング会社である。

 創業から40年を迎えた現在、髙島屋、伊勢丹、阪急百貨店、大丸松坂屋といった有名デパートを中心に、グランスタ東京やエキュート大宮に代表される駅ナカ、さらには東名・海老名など高速道路のサービスエリアまで、全国に104店舗を展開している。従業員もグループ全体で約850人におよんでいる。

 多くのファンから愛される米八の魅力は、素材から製法まで一切妥協しない徹底した“こだわり”にある。選りすぐりの国産もち米と、四季折々の旬の食材を生かしたおこわや弁当。生のもち米を研ぐ(洗う)、寝かせる(乾燥させる)、蒸すといったそのすべての工程を、材料の特性やくせを知り尽くした「おこわ職人」が、一つひとつ各店舗で手づくりしているのだ。

 とはいえ、そんな職人たちのこだわりが、時として経営の足かせとなってしまう場合もある。米八グループ人事総務部部長の舩橋篤氏は、こう語る。

 「各店舗では職人気質の方々が店長を務めているのですが、特に40代以上のベテラン店長たちを中心に、店舗業務へのIT導入に否定的であったため、勘と経験の店舗運営をしていました。そのため、情報管理や活用面で大きな遅れが生じていたのです」

 例えば各店舗の売上情報についても、店長が手書きした帳票をファックスで送信。それを受け取った本部スタッフが改めてExcelにデータ入力し、経営陣やマネジメント向けの資料を作成するという具合だ。こうした事情から、全社レベルでのIT活用は一向に進まなかった。経理、人事、購買、営業などの部門も別々のシステムを使っており、全く連携が取れなかったのである。

デパ地下を中心に展開する米八の店舗(東京ミッドタウン店)とおこわやお弁当