• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
Digital Transformation あたらしい変革のチカラ

2025年までに企業のデータセンターは80%なくなる!? オラクルCEOが予測

Oracle OpenWorld San Francisco 2016基調講演レポート

オラクルが9月18日から22日まで米サンフランシスコで開催した「Oracle OpenWorld 2016」で、CEO(最高経営責任者)のマーク・ハード氏は2015年のOpenWorldで打ち出した「2025年のクラウドに関する予測」に加え、新たに3つの予測を発表した。

売上げが伸びない中で成長をー企業の悩みを解決するクラウド

 世界141カ国から6万人が集まるOracle OpenWorldは、今年もクラウドのイベントとなった。初目の基調講演で経営執行役会長 兼 CTO(最高技術責任者)のラリー・エリソン氏が最新世代のクラウド・インフラストラクチャを発表して「Amazonのリードは終わる」と攻勢を見せた後、2日目に登場したハード氏は事例を交えてオラクルのクラウドの現状と展望を語った。

 ハード氏が昨年のOpenWorldで披露した「2025年のクラウドに関する予測」とは、次のようなものだ。

1. 運用環境にあるアプリケーションの80%がクラウド・ベースになる
2. SaaS市場はスイートを提供できる2~3社のベンダーがシェア80%を占める
3. 開発とテスト環境の100%がクラウドになる
4. エンタープライズ・データのほとんどがクラウドに保存される
5. エンタープライズ・クラウドは最も安全なIT環境になる

 それから1年、企業がクラウドを選ぶ方向性は変わっておらず、加速しているものもある。たとえば、3の「開発とテスト環境」では40%の企業が「クラウドで運用している・運用予定」としており、2025年よりも前に予測を達成できるとハード氏は展望した。

 ハード氏は、企業がクラウドを選ぶ根拠を経済面から分析した。主要国の経済成長は、6.7%の中国を除き、軒並み2%台以下。ロシア、ブラジルなどマイナス成長が予想されている国もある。企業の売上高の成長が伸び悩む中、CEOは市場におけるシェアを増やして支出を減らす戦略を展開するしかない。シェアを増やすためには革新的な製品、サービスの提供が大切だが、それに回す予算がないというのが現状だという。

 イノベーションで重要な役割を果たすITを見ると、大手企業ではITインフラの”高齢化”が進んでいる。アプリケーションの平均使用年数は21年、ハードウェアは5年半。これにより、「IT支出の80%がメンテナンスに費やされている」とハード氏はいう。これに加えて、セキュリティへの要件も高くなっており、追加の支出を余儀なくされている。

 それらをすべて解決するのがクラウドだ。クラウドを利用すれば、メンテナンス作業が不要になり、セキュリティ対策も専門家に任せることができる。ハード氏は、「同じことを低コストでできるだけでなく、安全性、信頼性、拡張性が改善し、さらに簡単に利用できる」とメリットをまとめ、これがクラウドへのシフトを起こしているとした。実際、企業のIT支出が増加しない中で、上位クラウド事業者は年44%増で成長しているという。「上位のクラウドベンダーの売上は300億ドルに達しつつある。全体のIT市場は1兆ドルなので、比率はまだ少ない。だが急成長している」とハード氏。

 「クラウドは単に技術的シフトではなく、これまでとは異なる経済モデルにおける技術的シフトだ。これが企業のビジネスモデルを変える」(ハード氏)