• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
Digital Transformation あたらしい変革のチカラ

HR Techで激変する企業人事

5つのポイント

 ここ1年で頻繁に耳にするようになった「HR Tech(HRテック)」という言葉、語源は「HR Technology」で人事部門におけるテクノロジー活用と解釈すれば、今さらという印象をうける。HR Techといえば、人材紹介などの人事業務をサポートするビズリーチ社やネオキャリア社が、自社のノウハウやデータを活用した新たなITサービスを発表し、その中で人工知能(AI)を活用した人事関連ソリューションなども注目を浴びている。

 この領域は従来の人材管理システムの基本機能に、AI、モバイル、ソーシャル、アナリティクスなど先進的技術を組み込んでいることが、これまでの仕組みやサービスとの大きいな違いだ。少子高齢化による人材不足に悩む企業にとって、優秀な人材の確保と育成は重要な経営課題であり、人事部への期待と負担が増す一方で、リソースを増強することはなかなか難しい。では、HR Techによって人事の仕事はどのように変わるのか?5つのポイントで考えてみた。

1.求人

 企業にとって最も効果的な人材獲得の手法は社員紹介と言われているが、その社員紹介制度にソーシャルメディアを積極的に活用する。社員紹介を促す人事部からのメールに埋め込まれたソーシャルメディアのアイコンをクリックするだけで、社員個人のソーシャルメディア・アカウントから、応募サイトへのリンクが張られた「○○職募集中!」の投稿ができる。

 社員が知り合いに採用募集の告知や応募を促す負担を軽減するだけでなく、その投稿から応募してきた人が採用されれば、どの社員の紹介かを正確に把握することができ、社員紹介報酬の付与にも紐づけられるというわけだ。優秀な社員が紹介する知り合いは優秀だ、と言われる。「優秀」なあなたも、ぜひHR Tech時代のソーシャルメディアを活用した採用活動に協力してみてほしい。

2.応募者面接

 応募者が多数集まるのはいいことだが、限られた採用担当者のもと、候補者の絞り込みや優先順位づけは効率的かつ適確に行いたい。こんなとき、AIのリコメンデーションによって候補者の選考が効率よく行えそうだ。また、昨今では必ずしも、採用企業のオフィスを訪問し直接会って面接を行うのが必須とは限らない。モバイル端末のビデオカメラ機能を使ったリモート面接も浸透しつつあり、モバイル対応のビデオ会議面接の専用アプリを提供している会社もあるくらいだ。海外の人材を面接するのが当たり前のグローバルカンパニーだけではなく、日本国内の人材を採用するにあたってもリモート面接の仕組みは必要になってきている。

 ミレニアル世代と呼ばれる若者の価値観は変化しており、慣れ親しんだモバイルを駆使して、多くの面接を効率的にこなしたいと考えているし、中途採用の場合でも、優秀なビジネスマンほど時間がないのが通例だ。まずは一度話を聞いてみようかな、と思う程度の初回面接に、わざわざ1時間かけてオフィスを訪問しないと面接もできない、となるとそれだけで「じゃあいいや」となってしまうかもしれない。新しいテクノロジーに適応できていない人事部は、次世代を担うであろう優秀な人材からは「古い会社」と思われてしまうかもしれない。