• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
Digital Transformation あたらしい変革のチカラ

宮城県最南端に位置し、福島県と接する丸森町は人口減少が続く現状を打破しようと、2016年4月「まるもり移住・定住サポートセンター」を開設。移住者の獲得に向けた活動を開始した。その活動の一環として、訪問客や丸森に関心を持っている人を顧客と見立ててCRM(Customer Relationship Management)に着目した。訪問客の動態情報の収集、動態の一覧表示、動態のアドホック分析の3つをクラウドサービスで行い、施策の改善や新たなプロモーションの提案につなげることにした。

人口減少を食い止めるためのまさかの一手

 日本の人口がこのまま減り続けると、2040年頃には全国1800市区町村の半分の存続が難しくなるといわれている。自治体消滅の危機を回避しようと、今、全国の自治体では都市部からの移住者を招き入れるなど、様々な取り組みが行われている。その中で、自分たちが危機にあると率直に語り、抱える課題を解決してくれる移住者を求めていると呼びかけているのが宮城県丸森町だ。

 丸森町は、2016年4月に移住を検討している人たちのワンストップ窓口になる「まるもり移住・定住サポートセンター(愛称:じゅーぴたっ)」を開設。「たすけてください!どうか丸森の人になって町を救ってください。」と直接的なメッセージを発信するHELP!MARUMORI NEXT TOWNSMAN PROJECTをスタートさせた。

 丸森町は宮城県の最南端に位置し、南西部は福島県に隣接する。町の北部を阿武隈川が貫流し、阿武隈高地の支脈で囲まれた盆地状の町である。「町全体が中山間地で、平成27年の国勢調査では人口減少率が9.79%と県内ワースト6位で、人口減少に歯止めがかかりません。また少子化・高齢化も深刻で、年間の出生数は70名強、高齢化率は37.85%に上ります。その結果、住民力やコミュニティの力が低下してしまい、行政への依存度が高まっています。一方で、役場はこうした深刻な事態に対して、なかなか思い切った施策が打ち出せない状況が続いていました」と丸森町役場 子育て定住推進課 定住推進班の班長である安島和仁氏は語る。

 こうした状況を打破するべく、サポートセンターは移住希望者の住まい・仕事・子育てなどに関するワンストップ相談窓口、移住希望者向けの各種イベントの開催、受け入れ側の地域でのサポート・意識の醸成の3つを目標に掲げ、活動している。

 さらに丸森町では、政府が2016年度に地方創生の深化のための新型交付金(地方創生推進交付金)を利用して、ICTを活用した他自治体では取り組まれていない、新たな事業の検討を始めることにした。