• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
Digital Transformation あたらしい変革のチカラ

第4次産業革命を率いるGE、なぜ企業は改革をせまられるのか

Oracle Cloud Days Tokyo 2016基調講演レポート

インターネットが引き金となり様々な業界が大きな変革期を迎えている。これを「第4次産業革命」と称し、自ら牽引するのがGE(ゼネラル・エレクトリック)だ。「産業界を熟知しているからこそ」と創業134年の同社はその根拠を説明する。日本オラクルが10月都内で開催した自社イベント「Oracle Cloud Days Tokyo 2016」でGE Digital チャネル・アライアンス・ビジネス開発、ベンチャー担当 グローバル責任者のデンジル・サミュエルズ氏が、GEの改革への取り組みとその背景について語った。

産業界の生産性はこの6年で1%しか増えていない

 サミュエルズ氏はまず、生産性について辛い現実を示した。「1991年~2010年、産業界の生産性は4%増加した。だがここ6年の生産性増加はわずか1%にとどまっている。」1%の増加で生まれる価値は金額にして約1兆ドル。これは、人手不足が今後さらに深刻化すると予想され、成長国の中で生産性の低さが指摘されてきた日本には特に、重くのしかかかる現実だ。

「Oracle Cloud Days Tokyo 2016」で、「GEのクラウド戦略によるビジネストランスフォーメーション」について講演するGEのサミュエルズ氏

 この低成長の解決策としてGEが至った結論こそ、「インダストリアル・インターネット」だ。これまで我々が使ってきたGoogle検索やAmazonでショッピングができるインターネットがコンシューマー向けであるのに対し、産業用に企業が利用するインターネットを構築しようと提唱し、2015年にGE Digitalが誕生した。「我々がなぜインダストリアル・インターネットを構築するかー我々は現在も航空エンジンや発電所を製造するインダストリアルカンパニーだからだ」とサミュエルズ氏は説明する。

 GE Digitalの土台となる戦略的技術がクラウド上で稼働する「Predix」だ。インダストリアル・インターネットのOSとも言えるもので、機器との接続性、GEが培った産業界の知見が組み込まれており、IoTのためのアプリケーションと分析、機械学習、マシンレベルの安全性といった機能も備える。誰もが参加できるオープン性を特徴とし、拡張も可能だ。