• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
Digital Transformation あたらしい変革のチカラ

 オラクルのCEOであるサフラ・キャッツは、「当社がクラウド分野で拡大するにつれて、その成長スピードも早くなっている」と述べ、2017年度(FY17)第2四半期のSoftware as a Service(SaaS)およびPlatform as a Service(PaaS)を合わせた収益が、対前年同期比81パーセント増の8億7,800万ドルになったと発表した。オラクルのSaaSおよびPaaSのクラウド収益の成長率は、これで4四半期連続の上昇となった。

 Infrastructure as a Service(IaaS)も含めたクラウド収益の合計は、第2四半期に62パーセント増加し、初めて10億ドルを突破して10億5,000万ドルとなった。キャッツによると、オラクルの競合相手であるSalesforce.comは、10億ドルの節目を迎えたとき(2014年度第3四半期)までに、収益成長率が36パーセントに鈍化していた。

Oracle Corporationの広告
[画像のクリックで拡大表示]

 最近のIDCのレポートによると、オラクルは現在、従業員1,000人以上の企業に対する売上という点で最大のSaaSベンダーであり、Salesforceを上回っている。オラクルのCEOであるマーク・ハードは、「当社はNetSuiteの買収によって、従業員1,000人未満の企業に関しても、No.1のクラウド・アプリケーション・サービス・プロバイダーとなる予定だ」と述べている。

 オラクルは約90億ドルでNetSuiteを買収し、11月7日に手続きを完了した。この買収によって、主に大企業向けのERPクラウド・アプリケーションのトップ・プロバイダーと、中小企業向けのERPクラウド・アプリケーションのトップ・プロバイダーが1つになる。NetSuiteは、オラクルによる買収が完了する直近の四半期には2億4,390万ドルの収益を上げていたが、親会社となったオラクルの11月30日を期末とする第2四半期には、オラクルの収益に約5,000万ドルのみ計上している。

SaaSの顧客は2万5,000社

 「Oracle ERP Cloud」はすでにオラクルで最も成長の著しい「柱」の1つとなっており、第2四半期におけるクラウドベースの金融、製造、サプライチェーンといった基幹業務アプリケーションの収益は前期比102パーセント増となった。ハードによると、「Oracle ERP Cloud」の収益が前期比で50パーセントを超える伸びを示したのは、これで8期連続である。NetSuiteを除くと、オラクルは第2四半期中、Canon、Deutsche Telekom、Dick’s Sporting Goods、FedEx、Hasbro、Skanska、Texas Instrumentsなど532社のERPクラウドの新規顧客を獲得したほか、91社の契約を拡充した。こうしたERPクラウドの新規顧客の半数以上は、これまで一度もオラクルのアプリケーションを購入したことがないとハードは述べている。

 「Oracle HCM Cloud」部門は、採用、入社手続き、人材管理といったHR機能のアプリケーションを取り扱っており、第2四半期には「Oracle Fusion HCM」の収益が前年同期比131パーセント増と、ライバルであるWorkdayの成長率の約4倍となり、大きな成果を収めたとハードは語っている。第2四半期に獲得したHCMクラウドの新規顧客は、Berkshire Hathaway、Cummins、Dubai Airport、Siemens、Skanska、Sonic Automotiveなど224社に上り、さらに212社との契約を拡充した。

 ハードによると、第2四半期における他のSaaS事業は、カスタマー・エクスペリエンス関連のクラウド・アプリケーション本体の収益が15パーセント増、顧客サービス関連のクラウド・アプリケーションの収益が24パーセント増、Data as a Service製品の収益は71パーセント増となった。全体としては、第2四半期にはSaaSの新規顧客を1,082社獲得し、810社との契約を拡充した。アクティブなSaaSのインストールベースの顧客総数は約1万3,000社で、NetSuiteを含めると2万5,000社になるとハードは述べている。