• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
Digital Transformation あたらしい変革のチカラ

ヘルシーメニューで人気の「はなまるうどん」の 積極出店を支える経営企画室の選択

セルフ式讃岐うどんチェーン「はなまるうどん」が好調だ。健康を前面に打ち出し、2016年は50店を出店。2017年も積極的な出店で、現在415ある店舗を500にする計画だ。好業績の実現には迅速で正確な予算計画の策定と、それに基づく施策の実施が欠かせない。店舗数の増大で大きな負担となっていた予算管理業務の負荷軽減と高度化のために、はなまるが取った手段とは。

健康志向のヘルシーメニューを武器に快進撃

 出汁(だし)をかけたうどんを受け取り、それに天ぷらなど好みのものを自分で乗せていくセルフサービス方式の讃岐うどん。この方式のうどん店は安くておいしい本場の讃岐うどんが食べられると、今やあらゆる年代の人たちに人気で、全国どこでも馴染みのものになっている。元々、セルフ式のうどんは讃岐うどんの本場香川県以外にはあまり存在せず、全国へ普及したのは21世紀に入ってからだ。その立役者となったのが、2000年に香川県で創業した「はなまるうどん」だ。同社が2002年に県外への出店を開始し、一気に店舗数を増やしたことでまたたく間に全国に拡大、セルフ式の讃岐うどんは外食産業における新しい業態として定着した。

 はなまるうどんが現在力を入れているのが、健康メニューの開発。そして食と栄養に関する研究へのサポートを通じて、働く日本人に健康を届けることだ。「ヘルシーで本格的な讃岐うどんを美味しく食べて、健康にもなって欲しい。こう考えて、様々なメニューを開発、提供してきました。その第1弾として、2013年4月にはすべての麺を1玉にレタス1個分の植物繊維を含んだ“はなまる食物繊維麺”に変えました。その後、毎日の野菜不足を解消できるようにするために、様々な緑黄色野菜がたっぷり入った“コクうまサラダうどん”をレギュラーメニュー化しました」と、はなまる経営企画室の池浦智哉氏は語る。

 また、うどんを注文した顧客に期間中毎日天ぷらが1品無料となる「天ぷら定期券」や、季節商品の投入など、積極的な販売施策も来店客数の増加と売上拡大に寄与している。

 2017年2月時点で、はなまるうどんの店舗数は415店ある。駅前や駅ナカなどの新立地やショッピングセンターへ1年間で50店という積極的な出店をした結果、売上高は対前年比11%増の229億円余となった。

 一方で、積極的な出店攻勢により本社管理部門の負荷も高まっていた。

コクうまサラダうどんも人気の「はなまるうどん」。ショッピングセンターのフードコートなどにも多く出店している