• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

サヨナラ、Windows XP。 会社のパソコンの危機を、新しいパソコンで乗り切る!

HPがお勧めするWindows。

サヨナラ、Windows XP。会社のパソコンの危機を、新しいパソコンで乗り切る!

2014年4月に迫ったWindows XPのサポート終了。サポートが終わったOSで動いているパソコンは、ウイルスをはじめとするマルウエアへの感染リスクが高まり、情報漏えいの危険度が増すなど、ビジネスに様々な影響を及ぼします。そうした問題を一掃できるのが、新しいOSで動く最新のパソコンへの入れ替えです。しかも、業務の効率化による生産性の向上や、様々なコスト削減による経費節減などの効果も。パソコンの入れ替えは、まさに“一挙両得の対処法”なのです。

セキュリティ編
サヨナラ、期限切れXPパソコン
会社を揺るがす情報漏えいのリスク――
事故1件当たりの賠償額は、平均で3787万円という調査も…

事故1件当たりの平均賠償額は3787万円

Windows XPのサポートが終了すると、ウイルスなどのマルウエアからパソコンを守っていた更新プログラムが配付されなくなります。つまり、Windows XPのパソコンは2014年4月以降に出現するマルウエアにまったく対処できなくなるのです。パソコンがマルウエアに感染すると、様々な情報が流出したり盗まれたりします。特に深刻なのは個人情報の流出。1件当たり平均で3787万円もの莫大な損害賠償が発生するという調査結果があるほどです。さらに恐ろしいのは、会社のパソコンがウイルスに感染すると、インターネットや電子メールを通じて、顧客や取引先のパソコンにも伝染し、多大な迷惑をかけることになってしまいます。

■1件当たりの想定損害賠償額
※「2012年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書【上半期 速報版】Ver.1.1」
NPO日本ネットワークセキュリティ協会 セキュリティ被害調査ワーキンググループ
情報セキュリティ大学院大学 原田研究室 廣松研究室より
[画像のクリックで拡大表示]

Windows XPが感染するリスクは10倍

新しいパソコンはマルウエアへの対策が施されているのに対し、Windows XPはノーガードといってもいいほど無防備。Windows XPのマルウエア感染率は、Windows 7の約10倍になるという報告もあるほどです。そのように危険なパソコンを使い続けることで、社会的な信用を失うことにならないようにしたいものです。

■マルウエア感染率(1000台当たり感染数)
※「マイクロソフト セキュリティ インテリジェンス レポート 第11版」より
[画像のクリックで拡大表示]

だから、入れ替えがイイ!HPならセキュリティも安心!

HPビジネスパソコンには、「HPプロテクトツール*1」という無償ソフトウエアが最初から入っています*2。ハードディスク内のデータを丸ごと暗号化し、第三者の解読を不可能にする「ハードディスク暗号化」をはじめ、高度なセキュリティと利便性を両立する機能を備えたHPならではのオリジナル・ソフトウエアです。ただでさえ安全なWindows 7のパソコンに、よりハイレベルな安心を付与できます。

[画像のクリックで拡大表示]
■統合セキュリティソフト「HP ProtectTools」
[画像のクリックで拡大表示]

*1:一部の機種ではここにリストされたすべての機能をサポートしていない場合があります。詳しくは各製品の仕様情報をご確認ください。

*2:ビジネスデスクトップPC Eliteシリーズ、Proシリーズ All-in-Oneでは有償カスタマイズメニューです。

*3:WEBカメラ搭載モデルで利用可能。

*4:PC盗難追跡サービス(Absolute Software Computrace)は、HP ProtectTools画面より別途有償でのご契約が必要になります。なお、ElitePadは「Find My PC」機能として4年間の遠隔ロック、消去、デバイスの位置情報検索サービスが無償添付します。

image
ビジネス生産性編
サヨナラ、旧式パソコン
今年は何度修理を頼んだことか――
パソコン不調で、社員1人が年間7.8時間も浪費しているらしい…

パソコン1台当たりの年間の損失時間は7.8時間

Windows XPで動いているパソコンは、4年以上前に導入されたパソコンが大多数なはず。そろそろあちこちに経年劣化の徴候が出始めるタイミングでもあります。仕事中に突如パソコンが不調になったので再起動したらなんとか持ち直した――そんな経験はどなたにもあるはず。当たり前ながら、この間、仕事は止まってしまいます。そんな時間や、実際にトラブルが発生したために修理に出している時間などをダウンタイムと言います。このダウンタイム、Windows 7のパソコンでは1台当たり年間1.2時間程度なのに対し、Windows XPのパソコンでは9時間にも及びます。つまり旧式パソコンのままでは1台当たり年間7.8時間もの損失時間が発生していることになります。

■PC1台当たりにかかる損失時間(年間)
※「IDC 2012 Windows XPの維持が妥当ではない理由」より
[画像のクリックで拡大表示]

サポートコストが急上昇するのは4年目から

旧式パソコンはその維持管理にもコストがかかり、しかも、それは年々増加していきます。4年目のサポートコストは2年目との比較で約130%増。5年目では約170%にまで上昇するなど、それだけ“見えないコスト”がはね上がっていくことになります。使い続けるほど無駄な時間とコストがかさむ旧式パソコン。あなたの会社はいつまでお金をかけ続けるおつもりですか?

■PC1台当たりのサポートコスト(年間)
※「IDC 2012 Windows XPの維持が妥当ではない理由」より
[画像のクリックで拡大表示]

だから、入れ替えがイイ!HPなら仕事はかどる高性能!

HPビジネスパソコンは、第3世代、第4世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーの採用で、4年前のパソコンより2倍以上もデータ処理が速くなっています。また、Windowsベースでビジネスに最適なタブレットタイプや、消費電力が10Wを切り、薄さわずか66mmと省スペースなデスクトップタイプなど、働き方に合わせた最適な機種が選べます。向上したパフォーマンス、低消費電力はもとより、仕事のやり方に合った機種選定で、旧式パソコンより圧倒的に仕事がはかどります。

■処理時間
※日本HP調べ
[画像のクリックで拡大表示]
image
コスト削減編
サヨナラ、電気喰いパソコン
省エネ、省電力は会社の方針――
4年前に導入したパソコンが、4倍以上の電力を消費していたなんて…

4年前のパソコンの消費電力は今のパソコンの4倍

新しいパソコンへの入れ替えがもたらすメリットは、セキュリティ面の危険回避や生産性の向上だけではありません。省エネという面でも、素晴らしい効果を会社にもたらします。Windows XPの旧式パソコンに対し、今ドキのパソコンははるかに少ない電力で動くのです。デスクトップタイプで比較するなら、新しいパソコンは4年前に省電力モデルとされたパソコンの約1/4以下の電力しか使いません。パソコンの頭脳たるプロセッサーや、Windows 7も省電力設計が徹底されていることもあり、今のパソコンは生まれついての省エネパソコンなのです。このようなパソコンへの入れ替えは電気料金を大幅に節約し、ビジネスコスト削減に貢献します。

■PC1台当たりにかかる電力
※日本HP調べ
[画像のクリックで拡大表示]

パソコン1台当たりの年間サポートコストが1/5に

パソコンを新しく入れ替えるとサポートコストはどれくらい減らせるのでしょう。ある調査によるとWindows 7で動くパソコンの年間サポートコストは、Windows XPの場合のおよそ1/5程度と、大幅減を達成しています。これほどの差を享受できるのだから、一刻も早い入れ替えをお勧めします。

■PC1台当たりのサポートコスト(年間)
※「IDC 2012 Windows XPの維持が妥当ではない理由」より
[画像のクリックで拡大表示]

だから、入れ替えがイイ!HPならスマートに省エネ!

HPビジネスパソコンには「HPパワーアシスタント*5」という電力管理ソフトウエアもついています。パソコンやモニターの電力消費状況を一目で確認でき、最適な節電設定ができます。また、ノートパソコンなら電力消費量の多い日中はバッテリーで駆動し、少ない夜間に充電するピークシフト機能の活用など、よりきめ細かな設定も可能。これほど多機能なのに無償、追加コストは0円です。

電源管理ソフト「HP Power Assistant」
PC本体だけでなくモニターの消費電力量も一目で確認できます。
[画像のクリックで拡大表示]

*5:HP Power Assistantは、プリインストールOSとしてWindows 7を選択時にご利用いただけます。

image

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社