• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

IBMとレノボの戦略的アライアンスの今

今、求められるサービス・インテグレーションという考え方
企業内エンドユーザーに必要とされるITリソースとは何か? IBMとレノボの戦略的アライアンスの今 [パートナー対談:日本アイ・ビー・エム]

 企業がITに求めている価値とは何だろうか。さまざまなテクノロジー、ソリューションが日進月歩で市場投入され、企業はその情報収集・選定に時間を費やしている現状が否めない。一方で、先進ITによって競合優位性を格段に高められる時代になっていることも確かだ。テクノロジーやリソースの「組み合わせ」ソリューションではなく、顧客のビジネスにフィットしたITをサービスレベルで提供する、いわゆるシステム・インテグレーターからサービス・インテグレーターへの転換を目指すIBM、そして2年前IBMのx86サーバーを事業継承し、ITインフラポートフォリオをハイパーコンバージド・インフラ(HCI)やソフトウエア・ディファインド・ストレージ(SDS)へ急拡大しているLenovo。今回、同じDNAを持つ両社のトップから協業の理由とその可能性を探る。

IBMとレノボの新たな協業時代がもたらすメリットとは→ 続きを読む

宇宙誕生の謎に挑戦する素粒子物理学の最前線
「Belle Ⅱ実験」を支える中央計算機システムを全面刷新 [導入事例:高エネルギー加速器研究機構]

 高エネルギー加速器研究機構(KEK)は、宇宙初期に起こったと考えられる極めてまれな現象を再現し、未知の素粒子や力の性質を明らかにするための国際共同実験として、2017年秋より「Belle Ⅱ実験」のビーム衝突運転を始める。この研究活動を支える中央計算機システムが全面的に刷新された。どんなにパフォーマンスを増強してもまだまだ足りない――。これまでと“桁違い”のコンピューティング・パワーを実装した、KEKのHPCクラスターとは。

レノボのサーバーが採用された理由とは?→ 続きを読む

世界トップクラスの導入実績
SAP HANA×Lenovo System xの真価がここに [パートナー対談:SAPジャパン]

 SAPが2010年にリリースした超高速インメモリー型データベース「SAP HANA」は、ERPはもとよりビッグデータ領域でも利用を拡大している。そして、このSAP HANAに最適化し、その能力とメリットをフルに発揮させるアプライアンスとしてレノボが提供しているのが「System x Solution for SAP HANA」である。両社は日本における“HANAビジネス”をリードしていく構えだ。

SAP HANAとレノボが拓く新時代のビジネス→ 続きを読む

製造業の「技術革新」「生産性向上」「業務効率化」を
同時に実現 クラウドより安価なオンプレミスの新潮流 [導入事例:古川製作所]

古川製作所

 真空包装機の大手メーカーである古川製作所は、財務会計システムを再構築するための基盤として、Nutanixをプリインストールした仮想化アプライアンスサーバー、インテル® Xeon® プロセッサー E5-2600 製品ファミリー搭載「Lenovo Converged HX シリーズ」を選択した。選択の決め手は何だったのか。そして、新・財務会計システム以外の活用方法とは。古川製作所のIT戦略を支えるレノボサーバーの魅力に迫る。

レノボのサーバーを選んだ理由は?→ 続きを読む

SATA SSD 8台相当のIOPSは本当か?
x86サーバでNVMe対応SSDの実力を徹底検証
[ホワイトペーパー:レノボ・ジャパン/インテル]

 サーバーのパフォーマンスを大幅に向上させるといわれるNVMe対応SSD。導入することで、実質的にどこまでのパフォーマンスが見込めるのだろうか。高機能x86サーバー環境でシステムやアプリケーションが得られる効果を徹底的に検証した。

ホワイトペーパーのダウンロード(無料)はこちら→ 続きを読む

収容効率や電力/冷却効率もアップ
ブレード型サーバー「Lenovo Flex System」 [製品レビュー:Lenovo Flex System×Lenovo XClarity]

Lenovo Flex System×Lenovo XClarity

 データ量と処理量がますます増大する今、社内やデータセンターに多数のサーバーを置く企業にとって、サーバー選びは頭の痛い問題となっている。そのような企業にレノボが提案するのが、インテル® Xeon® プロセッサー搭載のブレード型サーバー「Lenovo Flex System」とシステム管理ソフトウエアの「Lenovo XClarity」だ。

レノボのブレード型サーバーと管理ソフトの優位点は?→ 続きを読む

Nutanix販売実績No.1代理店の日商エレとレノボが手を組み
ハイパーコンバージドインフラ市場に攻勢をかける 多様な業務を支える仮想基盤の運用に、
コストとサポート両面でより優位性の高いソリューションを提供
[パートナー対談:日商エレクトロニクス]

日商エレクトロニクス

 レノボは今、「ハイパーコンバージド製品」に注力している。これは、SDI(Software-Defined Infrastructure)の概念に基づき、ネットワークや共有ストレージ機能までソフトウエア化する。この分野で日商エレクトロニクス×レノボの協業による市場攻勢が始まった。

レノボと日商エレのシナジー効果とは?→ 続きを読む

VDI環境基盤にレノボのサーバーを採用
モバイル環境の充実で業務効率と生産性がさらに向上 [導入事例:トキワ]

トキワ

 化粧品のOEMメーカーであるトキワは、社員のモバイル・ワークスタイル強化のために、デスクトップ仮想化(VDI)ソリューションを導入。そのシステム基盤には、デュアルソケット構成の最上位CPU(インテル® Xeon® プロセッサー E5-2699 v4)と768GBの大容量メモリーを搭載したレノボの高機能・高信頼性サーバー『Lenovo System x ラック・サーバー』を採用している。

トキワがレノボのサーバーを採用した理由は?→ 続きを読む

ケーススタディ:Lenovo/Nutanixアプライアンスを基盤とするMicrosoftアプリケーション稼働環境 [ホワイトペーパー:Wikibon.com]

 テクノロジー・リサーチサービスであるWikibon(http://wikibon.com/)による「コンバージドアプリケーションアプライアンス」に関する調査結果をまとめたホワイトペーパー。ソフトウエアベンダーとハードウエアベンダーがシームレスかつ密接に統合コンバージドソリューションに、企業のIT幹部は注目すべきだという。

ホワイトペーパーのダウンロード(無料)はこちら→ 続きを読む

「CADの未来はこうなる」と確信
全社のBIM/CIM化推進にレノボのCAD on VDIを採用 [導入事例:フジタ]

フジタ

 ゼネコンのフジタは、2次元CADからBIM(Building Information Modeling)/CIM(Construction Information Modeling)への展開が進行中。そこでフジタが選んだのがレノボの「CAD on VDI」である。CAD on VDIならば、端末は通常のビジネス用PCでも3次元CADやBIM/CIMが扱え、ソフトウエアのバージョン管理などの手間も省ける。

フジタがCAD on VDIを導入した理由は?→ 続きを読む

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です.

TOP