—要になるのはIT部門!働き方改革の成功の要になる正しい「見える化」の実現方法とは

正しい実態把握なくして、働き方改革は成功できない

「長時間労働」が大きな問題になる中、社員の働き方の現状把握と改善に取り組む企業は多いだろう。だが、それらの取り組みを成果につなげ、ムダな残業を削減できている企業は、ほんの一握りだ。

誤解を招かないよう言っておくと、これはなにも各社が手を抜いているということではない。どの企業も、人事・総務部とIT部門が協働しながら、さまざまな施策を実施している。例えば、社員アンケートを行って実態把握に努めたり、ムダ削減に役立つとされるITツールを導入したり、時短勤務制度やノー残業デーを導入したり——。それでもなお、残業が減らないのが現状だ。

この状況はなぜ起こっているのか。その理由は、今までの取り組み方では、真の意味での実態の「見える化」ができていないことにある。多くの企業が行っている、社員へのアンケートやヒアリングといった方法では、どうしても主観を取り除くことができないため、現場に潜む課題が正確にあぶりだせないのだ。

そこで現在、新たな実態把握の方法として注目されているのが、IT部門が管理する「システムログ」を用いる方法である。

例えば、日立製作所(以下、日立)が提案するある方法では、現状の作業時間を定量的に示すことができる。こうした働き方の見える化により減らすべき作業を把握できるようになり、長時間残業の是正にもつながる具体的な対策が可能になるという(図1)。

図1 「システムログの活用」による成果

図1 「システムログの活用」による成果

[画像のクリックで拡大表示]

では具体的に、その方法とはどのようなものなのか。次ページで詳細を紹介する。

ありたい姿を実現させる、賢いシステムログの活用法とは?

次ページ以降をお読みいただいた方については、日経BP社が登録情報をとりまとめ、クリック後に表示される当該企業に第三者提供します。
表示される説明文をお読みいただき、ご同意の上ご利用ください。