• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

みずほFG、APIでデジタル変革を推進

銀行がその姿を大きく変えようとしている。銀行が持つ信頼性や安全性を担保しながらビジネスの変化に柔軟に対応し、FinTech時代にデータのハブとしての機能を提供しようというオープンイノベーションを推進している。その最先端をいくのが、メガバンクの一角であるみずほフィナンシャルグループ(以下、みずほ)だ。みずほはどのようにして時代の変化に対応しようとしているのか、それを支えるIT環境とはどのようなものか。

FinTechの中心に飛び込み、イノベーションを創り出す

 東京・大手町の中心部に昭和の時代にタイムスリップしたかのようなビルがある。大手町ビルヂングだ。その一角にFinTechのスタートアップ企業が集まる「FINOLAB(フィノラボ)」がある。2017年2月、みずほはここにオープンイノベーションのためのラボ施設を設置した。FinTechという新しい渦の中心に自ら進んで飛び込んだ形だ。

 その勢いそのままに、みずほは積極的にFinTech企業とのAPI連携を進めている。2016年9月にはアイ・ティ・リアライズの「CRECO」と連携し、クレジットカードの引落日に引落口座の残高の過不足が発生するか否かを、事前に通知するサービスを提供。同年10月にはクラウド会計のfreeeやマネーフォワードとも連携した。さらに2017年5月にはマネーツリーと連携し、マネーフォワードとは第2弾となる給与振込での口座連携も開始している。

 このように矢継ぎ早にFinTech企業との連携を実現している背景にあるのは、API(Application Programming Interface)の活用である。みずほは2017年5月、外部企業とのイノベーションを推進するためにAPIを整備し、FinTech企業への提供を始めた。FinTech企業はそのAPIを使って銀行のシステムと自社のアプリケーションをつなぎ、新たなサービスを提供することができる。

 この活動の中で注目すべきなのは、単に情報を提供するだけではなく、APIによってこれまでになかった新しいサービスが生み出されていることだ。まさにオープンイノベーションが起きつつある。みずほのAPIを活用した金融サービスのデジタル変革への取り組みは外部からも高く評価され、2017年11月には公益社団法人企業情報化協会(IT協会)の「IT総合賞」を受賞した。なぜ、みずほはオープンイノベーションを起こすことができているのだろうか。

Financial Technologyによるイノベーションを生み出す拠点、FINOLAB(フィノラボ)
Financial Technologyによるイノベーションを生み出す拠点、FINOLAB(フィノラボ)
>>

イノベーションを加速する戦略面とシステム面の環境整備

本記事の続きを無料でご覧いただけます

以下のアンケートにご回答ください。

  • 【情報提供のご希望の方法】

  • IBMおよびIBMの子会社、関連会社は、IBM製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りするために提供くださった情報を使用させていただく場合があります。ご希望をお知らせ下さい。

  • Q1. 本製品/サービスについて、あなたの立場をお選びください。(ひとつだけ)※必須

  • Q2. 記事閲覧の目的をお選びください。(ひとつだけ)※必須

  • Q3. 本製品/サービスについて、自社あるいは顧客企業の導入予定時期についてお聞かせください。(ひとつだけ)※必須

  • Q4. 本製品/サービスの提供企業へのご要望、ご質問などがありましたらお聞かせください。


【ご利用に際しての注意】
本コンテンツの2ページ目以降を閲覧いただく方の個人情報(日経BP社に登録されている氏名、メールアドレス、住所、電話番号、勤務先、所属部署、役職などのご回答内容)は、日経BP社が、本コンテンツスポンサーの広告主に第三者提供いたします。

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものとします。

・ご登録いただいた個人情報は、情報提供元である「日本アイ・ビー・エム株式会社」に提供されます
・IBMおよびIBMの 子会社、関連会社 は、IBM製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りするために提供くださった情報を使用させていただく場合があります。以下の画面にてご希望の方法をお知らせください。
・提供した情報を希望の方法、および IBMのプライバシー取扱基準 で説明されている方法で取扱うことに、同意します。

IBMからの情報受取方法で、e-メールをすでに希望いただいてる方で、今後e-メールでの情報提供の中止を希望の方は、 http://ibm.com/jp/account/ibmdm/ で承ります。

その他、下記「個人情報取得に関するご説明」をよくお読みいただき、同意の上、ご利用ください。

閲覧する