• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

Office 365をより安全利用する技

働き方改革が経営課題になる中、マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Office 365」を活用する中堅中小企業は少なくない。手軽な月額料金で、いつでも、どこでも、誰とでもコラボレーションできる利点が評価される一方、セキュリティ面で導入に二の足を踏む企業もあるようだ。こうした懸念を払拭するのが、IIJが提供する「Office 365 with IIJ」だ。Office 365の月額料金はそのままに、メールセキュリティを強化するサービス。マイクロソフトの担当者でさえ、「本当ですか?」と驚いたという。サービスを開発したキーマンに特長を聞いた。

中堅中小企業の働き方改革を加速するOffice 365

――中堅中小企業でOffice 365はどのように使われていますか。

日本マイクロソフト株式会社
SMB営業統括本部
CSPパートナーセールスグループ
パートナー チャネル ディベロップメント マネージャー
小出 康晴

小出 仕事と家庭の両立など、いかに働き方改革を進めるかが企業の課題になっています。Office 365は社会環境の変化にも迅速に対応し、ビジネスを加速させることをコンセプトにサービスを開発、提供しています。メールやチャット、ファイルの共有などコラボレーション機能に加え、通話やビデオ会議などを活用し、いつでも、どこでも、誰とでも仕事が行えます。

 中堅中小企業の場合、自社でメールサーバーを運用したり、セキュリティ対策を強化したりするには、運用管理の手間がかかりますが、クラウドサービスのOffice 365であれば、手間なく安心して利用できます。

 Office 365には、メールの送信・受信時にスパムからユーザーを保護するマルウエア/スパムフィルタリング機能が組み込まれています。Office 365の導入後、スパムメールが減り、メールの削除や振り分けの手間が不要になったという声も数多く寄せられています。

 そして、多くの導入企業のお客様に評価されているのが、月額数100円から利用できることです。手始めにメールのExchange Onlineからスタートし、次にOfficeソフトのOffice 365 Business、オンライン会議のSkype for Businessというように必要に応じて段階的にプランを追加・変更できることもOffice 365の特長です。

――Office 365に関してマイクロソフトとIIJのかかわりはどうなりますか。

中澤 Office 365のライセンスをクラウドソリューションパートナーが独自の付加価値を付けてエンドユーザーに販売できるプログラムがあります。単に再販するのではなく、セキュリティやサポート、運用管理など各パートナーが持つ強みをOffice 365にバンドルし、ソリューションとしてお客様に提供するものです。

 IIJはクラウドやメールセキュリティで豊富な実績とノウハウがあり、自社のセキュリティサービスとOffice 365を組み合わせて提供しています。

追加料金なしにメールセキュリティ機能をOffice 365に付加

――Office 365 with IIJのサービスを開発、提供する経緯を教えてください。

株式会社インターネットイニシアティブ
サービスプロダクト事業部
第二営業部クラウド営業3課
課長
井ノ川 俊次

井ノ川 小出さんがお話されたように働き方改革などを背景に、Office 365は中堅中小企業にもものすごい勢いで企業に導入されています。当社では、Office 365を月額課金モデルとして、ライセンスの調達からシステムの構築、導入後の保守・運用までワンストップで提供してきました。ただ、お客様と話をしていると、クラウドサービスはセキュリティが心配という声を耳にします。それでOffice 365の導入に二の足を踏む企業の方もいるのです。

 こうした懸念を払拭するために開発したのが、Office 365 with IIJです。迷惑メールフィルタやアンチウイルスなど10年以上のサービス提供で培ったIIJ独自のメールセキュリティ機能を付加しています。Office 365のメールセキュリティ機能と組み合わせた多段構成により、スパム、マルウエアの検知率を高められ、メールセキュリティを強化できます。

 最大の特長は、Office 365の月額料金はそのまま、つまり追加料金なしにメールセキュリティを強化できることです。Office 365 with IIJを導入した企業のお客様からは「大変満足している」との評価をいただいています。

日本マイクロソフト株式会社
ホスティング&マネージドサービスプロバイダービジネス本部
パートナーホスティングチャネルエグゼクティブ
中澤 久美子

中澤 「月額料金はそのまま」と聞いて、本当ですか?と聞き返したくらいです。メールセキュリティの強化だけでなく、Office 365 with IIJは中堅中小企業のお客様に多くのメリットがあります。例えば、マイクロソフトのオンラインでOffice 365を購入する場合、お客様自身でライセンスの管理やセットアップも行わなければなりませんが、そうした手間のかかる作業をIIJに任せられます。

小出 中堅中小企業は専任のIT担当者を配置しにくいこともあります。当社Webサイトから直接ご購入されている場合、Office 365 with IIJに切り替えることで、従業員の入社・退職などによるライセンスの増減や、プランの変更を含め、ライセンス管理はIIJが行います。それにより、担当者は本来の業務に専念することができます。

Office 365のメールデータやアドレス帳はそのまま利用

――Office 365 with IIJは、どんな点が企業に評価されているのですか。

井ノ川 意外だったのが、添付ファイルの自動暗号化機能や、送信をキャンセルできる送信保留機能などの誤送信や情報漏えい防止を評価してくださるお客様が多いことです。また、有償オプションになりますが、サンドボックスやメール監査などのサービスも用意しており、よりセキュアなメールの送受信が行えます。

――既にOffice 365を利用している企業は、Office 365 with IIJに移管はできるのですか。

井ノ川 はい、できます。IIJが提供するOffice 365にライセンスを移管してメールセキュリティをアドオンするだけです。メールデータやアドレス帳など既存環境は影響なくそのまま使えます。移管後はIIJがライセンス管理やサポートを行うので、安心して利用できます。また、Office 365 with IIJは300ユーザー以下の中堅中小企業を対象にしていますが、多少の超過であれば調整も可能なので、ご相談ください。

――中堅中小企業のOffice 365の使い方で、注目することはありますか。

小出 メールなどに加え、ビデオ会議のSkype for Businessを利用し、拠点間のミーティングやドキュメントを共有して共同作業を行う企業も増えています。インターネットとモバイルデバイスがあれば、場所や時間の制約を受けることなく、お互いの顔を見ながらの働き方が可能です。Skype for Businessは月額数100円の料金で利用できる手軽さも、コストをできるだけ節約したい中堅中小企業に受けています。

 Skype for Businessなどを日常的に業務で利用するには、ネットワークの見直しが必要になる場合もあります。IIJは通信事業者としてネットワークに熟知しているので、お客様のネットワーク環境を含め、相談するのもいいと思います。

井ノ川 Office 365を快適に利用するには、ネットワークの見直しが必要な場合が多いです。企業ネットワークに必要な機能をオンデマンドに提供できる「IIJ Omnibusサービス」も含めたご提案までできます。さらに、Office 365や他のサービスのIDを含め、シングルサインオンで利用できるクラウド型のID管理サービス「IIJ IDサービス」も用意しています。外出先からOffice 365を利用する場合、接続元IPアドレス制限や多要素認証などの機能で認証セキュリティを高めることができます。

――Office 365 with IIJのサービス拡大に向けてどのように取り組んでいきますか。

中澤 マイクロソフトとIIJの共催で東京と大阪を中心に「Office 365ではじめる働き方改革とメールセキュリティ徹底解説セミナー」を開催しています。デモを交えながらOffice 365を使った働き方改革や、メールセキュリティの最新事情を紹介しています。

井ノ川 数人の事務所がOffice 365 with IIJを導入して働き方を改革する例もあり、Office 365とメールセキュリティのソリューションを広げていきます。

――既存のOffice 365ユーザーも、これから導入を検討する中堅中小企業も、「月額料金はそのまま」でメールセキュリティが強化できるOffice 365 with IIJを導入しない手はないと断言できそうです。本日はありがとうございました。

7月21日(金) 福岡開催のお申し込みはこちらから 7月24日(月) 東京開催のお申し込みはこちらから 7月26日(水) 大阪開催のお申し込みはこちらから
お問い合わせ