• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

広域ネットワークで注目のSD-WANとは

クラウドやモバイルの普及に伴い、企業WAN環境に対し俊敏性や柔軟性が強く求められるようになってきた。そのニーズに応える新技術として注目を集めているのが「SD-WAN」だ。NTTPCコミュニケーションズは、同社のネットワークサービス「Master'sONE」に、SD-WAN技術を活用した新サービスをラインアップ。「WANのクラウド化」とのビジョンを掲げ、企業WANの課題を解決する高度な付加価値を提供している。

従来の堅牢性優先のWAN環境を俊敏性を備えたインフラへ

 昨今、情報系システムを中心に、オンプレミスからプライベートクラウドやパブリッククラウド活用へとサーバー移行が急速に進んでいる。その背景として、常に変化・拡大を続けるビジネスに呼応し、俊敏性や柔軟性の獲得、かつITコスト低減に向けた要求がさらに高まってきていることがある。

株式会社NTTPCコミュニケーションズ
サービスクリエーション本部
第二サービスクリエーション部
サービスクリエーション担当
担当部長
三澤 響(ひびき) 氏

 その一方で、モバイルの活用も広く浸透してきた。政府が推進する働き方改革なども一つの契機。外出先や出張先はもちろん、従業員の自宅なども含め、場所を選ばずに仕事ができる環境が広がりつつある。またIoT事業も本格化し始め、モバイル利用は増加の一途をたどっている。

 「このように、サーバー側がより最適な基盤へ移行を続け、一方でアクセス環境がモバイルへの対応を含めて大きく変化しています。両者の間をつなぐWANについても、いかにそうした動きに適合したものにしていくかが重要なテーマとなっているのです」とNTTPCコミュニケーションズの三澤響氏は指摘する。

 具体的には、モバイルやクラウドの利用が広がって、国内のみならず国外拠点も含めたネットワーク環境の活用が進む中で運用管理が複雑化。インターネットトラフィックも急速に増大する状況にある。従来の堅牢性を最優先とするWAN環境を、より高度な俊敏性、柔軟性、拡張性を備えるインフラへと変革し、同時に品質やコストの面での要求を満たしていくことが、今日のビジネスニーズに応えていく上で必須となってきている。

アプリケーションレベルで特定し柔軟な経路制御が可能

 こうした要求を満たすものとして大きな注目を集めているのが「SD-WAN(Software-Defined Wide Area Network)」だ。「企業やデータセンターのネットワーク環境で利用が進んでいるSDN(Software-Defined Network)の技術を、広域のWAN環境に適用しようというのがそのコンセプトです」と三澤氏は説明する。

 SD-WANの特長としてはまず、IP-VPNや専用線、NTT東日本・NTT西日本の「フレッツ」網の物理的なネットワーク(アンダーレイ)の上に、通信トンネルによる仮想的な論理ネットワーク(オーバーレイ)を構築できることがある。「単一のアンダーレイ上に複数の論理ネットワークによるハイブリッドなWAN環境を作れるほか、異なるキャリアの複数の物理ネットワークを論理的に一つのネットワークとして運用するといったことも可能です」と三澤氏は紹介する。

 また、通信の種類に応じた経路選択や自動迂回経路設定など、アプリケーションレベルでのトラフィック制御が容易に行えることもSD-WANの大きな特長だ。さらに、そうした論理ネットワークや経路制御に関わる設定をWeb上のコントロールパネルやAPIを利用して即座に行えるほか、トラフィックの可視化も可能になる。

[画像のクリックで拡大表示]

 このような特長を備えたSD-WANで、現在の企業におけるWAN環境が抱える様々な課題を解消するいくつかのユースケースが想定される。

 例えば、Office 365などクラウド利用時の通信経路の最適化だ。企業の各拠点からOffice 365などのサービスを利用する際には、いったんセンター側の拠点にあるインターネット接続のポイントを経由してアクセスするのが一般的で、利用量によってはセッションが足りなくなるなどの課題が浮上するケースも多い。「SD-WANなら、拠点側に設置されたSD-WANのルーターからOffice 365などクラウドのセッションだけを特定して、インターネットに直接接続させるなど通信の効率化が可能です」と三澤氏は解説する。

 また同様に、AzureやAWSなどのクラウドを利用する際にも、SD-WANなら拠点側のルーターとパブリッククラウド上のこれらサービスの間で通信トンネルによる通信が可能になる。わざわざセンター側を経由することなく、拠点から直接インターネット経由でそうしたサービスにアクセスできる。

 その他、M&Aによる企業統合などを背景に、企業内に複数のネットワークが混在し、その管理が煩雑化しているようなケースでも、物理ネットワークと論理ネットワークを切り離して捉えて、任意のネットワーク構成を柔軟に設定し運用できるSD-WANのメリットは大きい。

[画像のクリックで拡大表示]

シンプル・安価なメニューの追加など継続的にサービスの拡充を進める

 NTTPCコミュニケーションズでは、IP-VPNを中核としたネットワークサービス「Master'sONE」に、こうしたSD-WAN技術を活用した「WANのクラウド化」をサービスコンセプトにした新メニューを追加。SD-WANの分野を牽引するベンダーとして知られる米国Viptelaのプラットフォームをベースとした各種サービスの提供を開始している。Viptelaとの協業について三澤氏は「SD-WANプラットフォームとして機能の豊富さと安定性、さらには市場での実績を評価しました」と説明する。

 同社の新サービスでは、特定のユーザー通信をデータセンターにアクセスさせる前に、外部のファイアウォール機器などを経由させるというサービスチェイニングなども実現。「コントロールパネル上で、接続トポロジーや経路制御などの各種設定変更をはじめ、CPEの一覧や稼働状況、トラフィック状況など統計情報の可視化を実現。分かりやすいインタフェースを通し各種設定を即時に行えます」と三澤氏は紹介する。

 さらにNTTPCコミュニケーションズでは、2017年度前半をメドに、よりシンプルかつ安価なサービスやモバイル端末向けのサービスなどを随時追加していきたいとしている。

 「販売パートナー様向けのサービスの拡充も目指しており、例えばAPIを通じたシステム連携による支援機能の提供や、独自ブランドでSD-WANサービスを立ち上げたいというニーズにはホワイトラベルでのサービス提供も実施します」と三澤氏は説明する。SD-WANを用い、企業WANの管理・運用に対し新たな価値による貢献を果たしていく構えだ。

※掲載の製品名、社名、その他は各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ