• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

グループ企業に鍛えられたFUSION Cloud

楽天コミュニケーションズのFUSION Cloudは、楽天グループの厳しい要求に鍛えられた高性能・低料金のIaaS型のクラウドサービス。エンジニアが導入から運用まで顧客をサポートする。インターネットやVPN、専用線といった回線、サーバーの共有・専有などを組み合わせてプライベートクラウドとしても利用可能だ。顧客の多様なニーズに応えられる。
楽天コミュニケーションズ
システムソリューションビジネス部
第一グループ担当課長
松山功 氏

 IP電話、モバイル、インターネット接続サービスなどを提供する楽天コミュニケーションズは2012年4月からFUSION CloudというIaaS型のパブリッククラウドを提供している。利用企業の3分の2は楽天グループ外の企業だ。「楽天グループでは性能や料金などが要求水準に達していないとグループ企業であっても採用しません。厳しい要求に応えてきた結果、高性能のサービスを低料金で提供でき、グループ外のお客様が増えています。インターネット企業や商社、金融界など幅広い業界が採用しています」。楽天コミュニケーションズの松山功氏はこう話す。

 FUSION Cloudは、最新マイクロプロセッサーを搭載したサーバーやオールフラッシュのストレージ、10Gbpsの広帯域ネットワークなどのインフラをベースに高い性能と安定性を担保する。複数の国内データセンターからサービスを提供するので、顧客は海外の法規制などを気にせずにセキュアで機密性の高いインフラを享受できる。また、システムの各レイヤーに精通したエンジニアが導入から運用まで顧客をサポートする。

図:FUSION Cloud によるプライベートクラウドの提供パターン
[画像のクリックで拡大表示]
顧客専用の利用環境の提供によって
プライベートクラウドとしても利用

 顧客専用の利用環境の提供もできるので、FUSION Cloudはプライベートクラウドとしても利用可能。「サーバーリソースを専有するホステッド型、VPNや専用線と組み合わせて自社の環境のように利用できるバーチャルプライベート型の2つに大別できますが、柔軟に対応し、お客様に最適なインフラを提供します」(松山氏)。

 飲料メーカーなどのキャンペーンサイトを運用する大手広告会社は、サービスの安定性やセキュリティの観点から他社とのサーバー共有を避け、プライベートクラウドの構築を希望していたので、広告会社専用の新たなリソースプールを構築した。「お客様は使い慣れた管理コンソールを利用でき、従来通りのパブリッククラウドサービスを利用する感覚で、専用サーバー上でサービスを運用しています」(松山氏)。このほか、専用線接続と専用仮想サーバーを組み合わせ、高水準のセキュリティを担保し、オンプレミス環境のデータのバックアップ先を大手金融機関には提供している。

 「FUSION Cloudをベースにプライベートクラウド構築を通して新たな価値を当社と一緒にお客様に提供していけるパートナー企業を募っています」。松山氏はこう言って講演を終えた。

お問い合わせ