• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

仮想マシンで従来型ストレージの課題を解消

仮想化環境のストレージについては、性能面や障害対応など、運用管理面での課題が指摘されている。こうした課題を解消するのが、ティントリジャパンの提供する仮想化環境専用ストレージ「TintriVMstore」だ。仮想マシンの視点に立った斬新なアーキテクチャをベースに、クラウドやVDI(仮想デスクトップ)にも最適なストレージインフラを提供している。
ティントリジャパン
技術本部SEマネージャー
片尾隆宏 氏

 仮想化環境でのストレージ運用については、1年、2年とシステムが稼働する中で、性能が劣化してしまう、あるいは障害発生時における問題の切り分けが難しいといった数々の課題が指摘されてきた。「Tintri VMstore」は、まさにこうした問題を解消する仮想化環境専用ストレージだ。「最大の特徴は、あくまでもVMに視点を置いた運用管理を実現していることです」と、ティントリジャパンの片尾隆宏氏は強調する。

 具体的には、ストレージが仮想マシン(VM)の稼働状況に応じてVM単位でリソースを割り当て、常に最適な性能を確保。また、容量やI/Oスループットなどの情報をVM単位で可視化できるほか、スナップショット、クローン、レプリケーションといったデータ管理操作も、すべてVM単位で実施できる。

設計、導入から運用、保守に至る
トータルなフェーズで想定通りの効果

 大学、病院を中心とした顧客にシステム運用管理などのサービスを客先常駐型で展開するワールドビジネスセンター(WBC)では、クラウド型VDIサービス「Racdes」を提供。同社では、既存ストレージに置き換える形で、Racdesの導入に向けた検討を進めているある顧客の環境にVMstoreをテスト的に導入し、検証を実施した。

ワールドビジネスセンター
ソリューション事業本部ソリューション営業部サービス企画課
上級主幹技師
稲澤孝規 氏

 「VMstoreが当社Racdesのサービス要件を満たし得るか確認するのが目的。検証の結果、設計から導入、運用、保守に至るトータルなフェーズで、期待通りの大きな効果が確認できました」と、ワールドビジネスセンターの稲澤孝規氏は語る。

 まず設計段階においては、VMstoreでは基本的にはVM数に応じて製品を選択するだけで、適正なリソース確保が可能。エンジニアによるサイジングにおいて陥りがちな、過剰スペックによる調達の懸念が払拭できた。

 運用時に性能劣化が発生した折にも、様々な情報がVM単位で可視化されているため、問題の特定も容易だ。熟練エンジニアが長時間調査を行う必要がない。そのほか、プロビジョニングのスピードや運用時のシステム性能なども含め、トータルな面で既存ストレージを大きく凌駕する利点が得られたという。

図:クラウド型VDIサービス「Racdes」では、適切なリソースが確保されるので、容量不足や過剰スペックが排除され、さらに管理面での利点も大きい
[画像のクリックで拡大表示]
お問い合わせ