• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

独自技術で強化したIoTで社会課題の解決

IoT(モノのインターネット)は様々な問題の解決に効果を持つと考えられているが、現実的には単純なIoTだけでは力不足のところもあるのは否めない。それを補う技術で、IoTを社会が抱える課題の解決に寄与する真のソリューションに仕立てているのがOKIだ。課題解決のために、IoTをどのように機能拡張しているのか、センシングやネットワーク、AIなどの広範囲な技術を取り上げながら講演した。
OKI
情報通信事業本部
IoTアプリケーション推進部
部長
丸井武士

 OKIの丸井武士氏は、現在の社会が抱える課題として、「自然災害/環境問題」「労働力不足」「インフラの老朽化問題」「働き方改革」「少子高齢化」の5つを挙げた。いずれもIoTが解決手段として期待されている。

 しかし現実の適用を考えると、IoT自身にも乗り越えなければならない問題がある。例えば、情報を取得するセンサーは、対象が広大な場合、センサー数が膨大になってネットワークに大きな負荷がかかる。また、外部とつながることでセキュリティにも不安が生じる。OKIが目指すIoTは、閉じたIoTから連携するIoTへ、そして個人最適へ至るIoTの機能強化だ。

1つの線で広いエリアをセンシング
マルチホップで通信負荷も解決

 センサーの配置の点では、光ファイバーセンシング方式を用意する。小さなセンサーを数多く設置するのではなく、光ファイバーそのものをセンサーとして使えば、広いエリアを1つの線でカバーできる。インフラの老朽化対策などに限らず、製造業の場合でも「例えば熱処理で、熱が工程全体で安定しているかを検知するのにも使える」(丸井氏)。

 音や画像によるセンシング技術も用意している。音のセンシングは、物体をソレノイド式ハンマーでたたいた音から破壊箇所を見つけたり、違法に飛ぶドローンを探知したりするもので、必要な音だけを取り出す技術がベースにある。画像のセンシング技術は、人による状態認知を肩代わり可能だ。

 ネットワークの負荷対策では、エッジコンピューティングを活用したインテリジェントなゲートウエイや、920MHz帯の無線によるマルチホップのネットワークなどで解決を図る。「個々のセンサーに通信回線を導入するよりも、マルチホップで1カ所に集めてからデータをアップする方が、コストを抑えられる」と丸井氏は指摘。920MHz帯の無線はWi-Fiよりも到達距離が長く、低消費電力で長期間の電池駆動が可能だ。

 セキュリティ面では、多様な攻撃に対応するため、ネットワークの入口や出口、末端デバイスの各ポイントに防御機能を設ける。個々のログを統合的に管理して解析する機能も設け、新たな脅威にもすぐに対応できるようにしている。その他にもAIによる問い合わせ対応自動化や、DSRCによる物流効率化にも取り組む。

 OKIでは、これらIoTの機能強化はもちろん、社会問題の解決という大きな構想の下に、IoTシステム全体を引き受ける実力があることを強調した。


図 OKIはものづくりの企画/設計から生産、保守や物流まで含めた効率化をIoTで実現できる環境を提供
[画像のクリックで拡大表示]
お問い合わせ