• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

リモートアクセス環境構築でテレワーク推進

「働き方改革」は、いまや企業における喫緊のテーマだ。しかし「残業禁止」など掛け声だけでは取り組みが奏功しないというのも事実。重要なのは、長時間労働の是正に貢献する労働生産性の向上を図ることである。大塚商会では、リモートアクセス環境やWeb会議など各種ソリューションの活用で、労働生産性を高める「働き方改革」を提案している。

大塚商会
共通基盤新規ビジネスプロモーション部
統合企画課 課長代理
静谷隆臣 氏

 いま官民を問わず、あらゆる組織において「働き方改革」が急務となっている。このテーマに関しては、労働人口の減少や福利厚生など様々な観点から語られているが、その目的は「長時間労働を是正すること」「労働生産性を向上すること」の両立を実現することにほかならない。

「そのためにはICTを活用し、時間や場所の制約を受けずに業務が行えるモバイルワークや、出勤することなく自宅で業務が行える在宅勤務を可能とするなど、従業員の業務内容、勤務地域に応じて『テレワーク』の環境を整備することが重要になります」と静谷隆臣氏は語る。

社内と同様に業務が行える環境が
テレワークの実現のカギ

 こうしたテレワーク実現のカギを握るのが、会社にいないと業務ができないという状況をなくすこと。その解決策として「リモートアクセス」の環境を構築することが有効である。

 リモートアクセスを可能とすることで、従業員は外出先からでも自宅にいても社内の情報にアクセスし社内にいるのと同様の業務が行える。リモートアクセス環境の構築には、大掛かりなシステムが必要なのではと懸念されるかもしれない。これに対して、静谷氏は「お客さまの社内ネットワークの設定を変えることなく、専用機器を設置し、モバイル端末にアプリをインストールするだけで、リモートアクセス環境を簡単に構築できるサービスも市場には登場しています」と説明する。

 こういったサービスを利用すれば、従業員はモバイル端末からアプリを立ち上げ、IDとパスワードを入力するだけで、ログインし、社内にいるのと同じ環境で業務が行える。覚える操作も少なく、迷わず利用を開始することができるので社内での活用も広がりやすい。

[画像のクリックで拡大表示]

 さらに、お互い顔が見える形でのコミュニケーションが必要な場面では、Web会議システムが有効だ。静谷氏は、「Web会議なら遠隔地にいる従業員同士が映像を介してお互い顔を見ながら会議が行えるほか、画面上で資料の共有も可能です。参加者が資料に書き込みを行えば、リアルタイムで他の参加者の画面上に反映されます」とそのメリットを述べた。

「働き方改革の本質は、福利厚生的な発想による労働環境の改善にとどまるものではなく、従業員が、その持てる能力を最大限に発揮できる環境の実現にあります。すなわち、『社員のため』がそのまま会社の利益にも直結することになるわけです」と静谷氏は締めくくった。

お問い合わせ