• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

クラウドファーストを意識した次世代WAN

企業のパブリッククラウド活用が急速に進んでいる。また、クラウドアプリケーションの利用も活発化し、「働き方改革」の追い風に乗り、モバイル利用も加速している。こうした環境変化に対し、従来型WANでは、迅速に柔軟に対応できず、新たな解決策が求められている。そんな中、クラウドファーストを意識した柔軟性や拡張性に優れた次世代のWANが登場した。それがSD-WANサービスである。

パブリッククラウドの普及を受け 顕在化した従来型WANの課題

 パブリッククラウドやモバイル端末の普及によりビジネスの風景は大きく変わり、結果として従来型WANの課題を浮かび上がらせた。NTTPCコミュニケーションズの三澤響氏は「従来は、セキュリティーを重視して、インターネットから切り離された閉域網の中でアプリケーションを利用するのが普通でした。しかし、いまではWANの使い方は大きく変わりました。インターネット上にあるパブリッククラウドの利用が広がっているからです。こうした大きな変化を受けて、WANの構造や運用管理なども見直す必要があります」と指摘する。

NTTPCコミュニケーションズ
サービスクリエーション本部
第二サービスクリエーション部
部長
三澤響 氏

 業務の効率化や生産性向上を目的に、パブリッククラウドやモバイル活用を進めた企業にとって、今後利用をさらに増やす可能性はあっても減らす可能性は少ない。しかし、利用が進むにつれ、従来型WANの運用においては、ルーターやクラウドの設定変更が頻繁になり、セキュリティーポリシーの見直しを強いられ、WANそのものが煩雑化・複雑化し、WAN管理負荷が増えてしまう。

 物理的な運用稼動として、新拠点を開設する際には、IT部門の担当者が現地に出向いてルーターなどの設定を行うケースは多い。また、セキュリティーのために設定変更を求められる場合など、1台ずつルーターを手動で設定変更しなければならない場合もある。ビジネスのスピードが求められる時代、また、人手不足や働き方改革により業務効率化が求められる時代に、こうしたやり方は限界に近づいている。

 そこで、WANの構造改革に向けて多くの企業が動き始めている。前述したルーターやクラウドの設定変更を含めて、セキュリティーポリシーやネットワーク構成を遠隔から一元管理できる環境が必要との判断からである。

 具体的なソリューションとして、いま注目を集めているのがSD-WANである。ソフトウエア・デファインドの技術は、データセンター・ストレージなどで先行して進んでいるが、その波はWANにも及んできた。

 先述した従来WANにおける、セキュリティーや運用管理の課題に対しても、SD-WANは有効なソリューションになる。例えば、UTMやファイアウォールなどは、SD-WANの追加機能として簡単に利用できる。また、ネットワークの開通や設定変更が必要なときには、これまでのように担当者が拠点に出向く必要はなく、コントロールパネルやAPIを使って遠隔からの設定が可能(図1)。運用管理の一元化により、IT部門の負荷を大きく軽減することができる。

[画像のクリックで拡大表示]

NTTグループが開発・提供する国内市場に適したSD-WAN

 通信の可視化や制御も、SD-WANの大きな特徴の1つだ。三澤氏はこう説明する。

「SD-WANにより、アプリケーションレベルでのネットワーク制御が可能になります。アプリケーションごとに、優先度をつけてトラフィックをコントロールすることができる。日本企業ではOffice 365の導入後、セッション不足や輻輳などが発生しているケースがよくあります。IP-VPN網とクラウドとの接点にボトルネックが生じるためですが、SD-WANを活用すればこうした課題は解消されます」(三澤氏)(図1)

 SD-WANの登場によって、WANは新時代を迎えた。「ストレージやサーバーなどのクラウドサービスと同じように、SD-WANはソフトウエア・デファインドの技術を駆使することで、柔軟性や拡張性に優れたネットワークを実現しています と三澤氏。その意味で、SD-WANはいわばネットワークのクラウド化ということもできるだろう。

 同社は2017年5月、SD-WANサービス「Master’sONE CloudWAN」をリリースした。このSD-WANサービスについて、三澤氏は次のように説明する。

「Master’sONE CloudWANは、NTTグループが開発したSD-WANサービス。国内市場の特性を踏まえた機能を有し、例えば、国内で広く普及しているNTT東日本・NTT西日本の『フレッツ』にも対応しています。オンライン申し込みの4営業日後に必要な機器が届き、すぐに利用することが可能です」(三澤氏)

 クラウドの利用がますます拡大する中で、SD-WANへの期待は高まっている。NTTPCコミュニケーションズは先端のテクノロジーをいち早く実装し、Master’sONE CloudWANをさらに進化させていく考えだ。

[画像のクリックで拡大表示]
お問い合わせ
  • 株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ

    SD-WANサービス「Master’sONE CloudWAN」

    URL:https://cloudwan.nttpc.co.jp/