エレコムが考える

エレコムが考える「教育現場における無線アクセスポイント導入と活用」

エレコム ネットワーク開発担当 谷川 篤 氏

ICTの活用も、教師が励む教材研究も、教育現場が目指すべきは “より良い授業”ただ一つである。そんな現場の思いに共鳴し、「授業を止めない」無線アクセスポイントの導入を提案するのがエレコム。その哲学と技術を探った。

「生徒にとってそのときの授業は一生に一度きり、  それを問題なく受けてもらうのが我々の使命です」

「授業を止めない」ために複数台の導入を提案

タブレットを用いた授業が身近になる一方、「動画が止まる」「ダウンロード時間が利用端末ごとに異なる」では授業が成り立たない。そんな状況を避けるべく、「授業を止めない」をコンセプトに、法人向け無線アクセスポイントを展開するのがエレコムだ。教育の本質に気づかされたある一言が開発の契機だったという。
「『児童・生徒にとってその授業は一生に一度きり』という言葉を耳にして、確かになと感銘を受けたんです」と話すのは、エレコムのネットワーク開発担当・谷川氏。

次ページ以降をお読みいただいた方については、日経BP社が登録情報をとりまとめ、クリック後に表示される当該企業に第三者提供します。
表示される説明文をお読みいただき、ご同意の上ご利用ください。