待ったなし! 働き方の再定義 あなたの組織、5年後に生き残れますか?

働く環境は、刻々と変化2014年に、デルと米インテルは12カ国、5000人規模の調査を実施。52%もの人が自宅の方が生産性が高いと感じているなど、意識が変化してきていることが分かった。

今、日本企業は大きな決断を迫られている改革の必要性は感じながらも旧態依然とした働き方を続けるのかそれとも働き方を思い切って変え、少子高齢化に反して成長への道を切り開くのか5年後に生き残る企業はどちらかすべての答えはここにある