クラウドでビジネスが変わる! 中堅中小IT事業者のビジネス転換術 クラウドインテグレーターに乗り遅れるな

INTERVIEW 船井総研 船井総研 チーフ経営コンサルタントが指南! クラウドインテグレーターへの転換に必要なものとは

株式会社船井総合研究所 ITチーム チームリーダー チーフ経営コンサルタント 八角 嘉紘 氏

クラウド市場で生き残る――。

全国に数万社あるといわれる、システムインテグレーター(SIer)やシステムエンジニアリングサービス(SES)などのIT事業者。この業界で、クラウドインテグレーターへの転換を目指す動きが見えてきた。オンプレミスサーバー市場の縮小や派遣法改正といったビジネス環境の変化を自己変革のチャンスととらえる企業が増えているのである。

ただ、ビジネスモデルそのものを変える大変革となるだけに、失敗の可能性があることも確か。クラウドインテグレーターという新しい世界で事業を展開していくには、正しい情報を入手し、採るべき戦略を十分に検討したうえで、素早く行動することが重要だ。

船井総合研究所 ITチーム チームリーダー チーフ経営コンサルタントの八角嘉紘氏が以下の課題の解決策を指南する。

・クラウドインテグレーターのビジネスモデルの特徴とは。
・SIerやSESとどこが違うのか。
・どのような条件を備えたパブリッククラウドなら、クラウドインテグレーターにとって“使いやすい”のか。
・業態転換を成功させるには、どのような戦略を採ればよいのか。
・収益化(黒字化)までに、かかる期間は。