• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
日経ビジネスONLINE Special 週刊日経ビジネスオンライン SPECIAL日経ビジネスオンライン

自動車未来サミット/モビリティーNEXT

 日米欧の自動車メーカーとITメーカーが開発を加速させる「つながるクルマ」と「自動運転技術」。これらのテーマを中心に、次世代モビリティーの進化を多角的に議論するセミナー「自動車未来サミット/モビリティーNEXT」が9月8~9日、日経ビジネスと日経Automotiveの共同開催により東京・品川で開かれた。セミナーを通じて、次世代モビリティーの開発が社会システム全体に大きな変革をもたらす可能性のあることが明らかになった。
 

英国大使館

コネクテッドカー&自動運転車を全力開発
英国は開かれたビジネス環境も大きな強み
 今年6月の国民投票でEU離脱を決断した英国。その後、英国のビジネス環境への関心 が高まっている。海外からの投資を誘致する国際通商省の自動車産業投資室(AIO)代表、マイク・ライト氏は「英国の自動車産業とイノベーション」をテーマに講演。英国 自動車産業の先進性と海外に開かれた英国のビジネス環境について語った。

富士通

自動運転に不可欠な3要素を中核に
Mobility IoTプラットフォームを提供
 未来のモビリティー社会の多様なサービスを支えるクラウドプラットフォームには、人工知能(AI)やダイナミックマップ管理、セキュリティサービスなど高度なICTが求められる。富士通の菊田志向氏は、「未来のモビリティーサービスを実現するクラウドプラットフォーム」をテーマに、新たなモビリティー事業への取り組みを紹介した。

日本アイ・ビー・エム

コグニティブIoTが加速する
"つながるクルマ"のインテリジェント化
 今日の自動車やサービスは、IoTにつながることで相互に連携を強めようとしている。日本アイ・ビー・エムの江崎智行氏は、「コグニティブIoTが加速する新たなモビリティー&サービスと業界変革」をテーマに講演。「IBM Watson」をはじめとするコグニティブ(認知型)・コンピューティングを活用した将来像を示した。