カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)が運営する共通ポイントサービス「Tポイント」は、多くの読者にとっても馴染みのあるサービスだろう。Tポイントの会員数は、国民の約5割に当たるおよそ6000万人にのぼり、アクティブユーザーとして利用しているという。そんな同社の子会社で、T会員の購買データなどを活用し、Tポイントの提携先や提携先以外の企業に対して総合マーケティング支援をしているのが、CCCマーケティング株式会社だ。

アクティブユーザー6000万人以上という膨大な会員データを元に、同社が提供する「総合ソリューション」はおそらく全ての業種のマーケティング課題を解決するだろう。ソリューションの強みと先進事例からその可能性を探る。