AR/VR技術のビジネス利用 成功を確実にする「秘訣」とは?

BMWやドローンの操作向けコンテンツを作成

ゲームをはじめとしたエンターテインメント企業において、高い関心を集める「AR/VR」(拡張現実/仮想現実)技術。最近では産業分野への活用を図る動きも、着々と進んでいる。その先頭を走る企業の一社が、3DのコンピュータグラフィックやAR/VRコンテンツ開発を専門とするプレミアムアーツだ。同社代表取締役の山路 和紀氏は、長年ゲーム業界でソフト/ハードの開発に携わってきた経歴を有する。その経験を企業の業務改善や新サービスの創出に生かせないかと考えたことが、同社設立のきっかけとなったという。

画面1 BMWの電気自動車「i3」に乗り、VRゴーグル掛けて運転体験するシミュレーターを提供した実績もある

「現在も様々な企業からAR/VR活用に関するご相談をいただいており、案件数や売り上げもこの一年で2倍以上に増えています」と山路氏は語る。「ロボットや工作機械がどのような動きで、自分の工場に置いた場合どれくらいの大きさになるかを具現化したいといったことはその一例です。これ以外にも工場やプラント、保守現場などでの作業指示や安全確保、技能伝承といったニーズも高まっています」。同社でもそうしたニーズに応じたコンテンツを続々と開発(画面1)。最近では、注目したいプロジェクトが、千葉大学発のベンチャー企業である自律制御システム研究所(以下、ACSL)と連携して開発中の「ドローンオペレーター育成用エミュレータ」だ。

産業分野でのドローン活用を推進する上では、正しい操縦技術を身に付けたパイロットの育成が急務。とはいえ、産業用ドローンはホビー向け製品より大型で重いため、いきなり実機を飛ばすのは危険を伴う。その前にVR技術を使ったエミュレータで操縦に慣れておけば、実機でのトレーニングも円滑に行えるというわけである。ただし、VRコンテンツ開発には様々なハードルも立ちはだかる。例えば、複雑な地形や構造物、気象状況などを正確に再現し、操作に併せてスムーズに動かす必要があることもその1つだ。そこで同社では、ある手段を用いてこうした課題を解決した。同社が実践する、確実に成功するVRコンテンツ開発の秘訣とは——。

NEXT:AR/VRのコンテンツ開発を確実に成功させる秘訣とは?


次ページ以降をお読みいただいた方については、日経BP社が登録情報をとりまとめ、クリック後に表示される当該企業に第三者提供します。
表示される説明文をお読みいただき、ご同意の上ご利用ください。


Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。