“笛吹けど踊らず”はなぜ起こる?働き方改革「成功/失敗」の分かれ目は

働き方改革がなかなか浸透しない理由はどこに?

 ここ数年、働き方改革が急速に注目されるようになった。育児・介護による社員の離職防止、多様性のある人材の確保、社員の生産性や売り上げ向上、長時間労働の是正によるワークライフバランスの確立など、様々なメリットが期待できるからだ。
 しかし全ての企業や組織が成功しているわけではない。実際には、失敗したり、プロジェクトが頓挫したり、組織全体に波及していないケースも少なくない。その多くが“部分導入”や“プロジェクトの立ち上げ”で終わっている。ホワイトカラーの一部、あるいは営業部門だけにモバイル端末を渡すものの、「新しい予算がつかない」「効果が見えるまで」といった理由でストップしてしまうのだ。あるいはモバイル端末を配布したものの、現場の使い勝手や若い世代の感性とあわず、せっかく導入した仕組みが使われないケースもある。
 働き方改革は長期にわたるプロジェクトとなるため、スモールスタートは重要なのだが、あくまで目指すべきは社員全員を対象にすること。そうなってはじめて、冒頭に触れたメリットを享受できるからだ。地方拠点はもちろん、店舗スタッフや工場、あるいはフィールドサポートのような現場社員が同じ環境で働くことができなければ、Web会議や情報共有を1つするにも煩雑なワークフローを生む結果となり、かえってさらなる不便を社員に強いてしまい、働き方改革が社員の“足かせ”になってしまいかねない。
 もちろん、「コストの問題もあるため、社員全員にモバイル端末を支給できない」「情シスの担当者も少数で運用に負担をかけられない」「端末からの情報漏洩が心配」といった懸念もあるだろう。それでは、どうすれば失敗を回避し、コストを抑えつつ成功に導けるのか。以下では、他社に先んじて働き方改革に取り組み、高い成果をあげているデルのケースを基に、3つのポイントを紹介しよう。
NEXT 働き方改革の「失敗」を回避する3つのポイントは?

Intel Inside®
飛躍的な生産性を

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。
Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。