Mixed Realityから始まる産業革命

「現実世界に、今はない未来を存在させる」

イタリア人以外で初めてフェラーリのデザインを手掛けた奥山清行氏。カーデザインだけでなく鉄道、建築、都市計画、農業機械、眼鏡などジャンルも国境も超えて活躍する工業デザイナーだ。奥山氏は Microsoft HoloLens を装着して Mixed Reality を体験する中で「ここまでできるのか」と驚きを隠さなかった。「こういうツールができないかとずっと思っていた」と話す奥山氏。Microsoft HoloLens の先に見据えていたのはデザインの、そして日本のものづくりの可能性だ。

シンプルだが考え抜かれている
Microsoft HoloLens のデザイン

―まず Microsoft HoloLens のデザインについてどう思われますか?
奥山:僕も自分のブランドで眼鏡をデザインし製造、販売していますが、人間の体に付ける製品のデザインは本当に難しい。人間の形状に合わせようとして複雑になりがちです。Microsoft HoloLens は内側と外側の2つのリング、シースルーのホログラフィックレンズで構成されています。頭や顔の形状に合わせていながら非常にシンプルです。このデザインは秀逸です。細部まで考えぬかれています。
シンプルなものは、実はシンプルにできていないとよく話すのですが、内側リングの微妙なカーブひとつとってもそうです。内側リングはダイヤルでサイズを変えて装着する人の頭のサイズにフィットさせる。微妙なカーブやスプリングで Microsoft HoloLens の重さを頭で支えることにより、レンズ部分のノーズパッドに重さが集中しないよう、絶妙な重量バランスをとっています。人肌に合う素材で、ゆがみもなく精度もいい。ゆがみがあると頭が痛くなりますから。
ホログラフィックと目線の位置を合わせる外側リングは、一見平行なようで平行ではなく、後ろに向かって若干テーパー(幅・厚みなどが先細り)している。こうした微調整が使い心地や美しさにつながるわけです。

Microsoft HoloLens のデザインを評価する奥山氏。自らペンを手にして繊細なカーブの意味を解説する(写真左)。後ろに向かって若干テーパーがかかっている外周リングの設計にも着目(写真右)

見ている風景に3次元映像が入ってくる初めての体験

―実際に Microsoft HoloLens を装着して Mixed Reality を体験された率直な感想は。
奥山:自動車や鉄道などの製造業の開発にずっと携わってきましたから、いわゆる VR は自分たちでも使っています。今日、Microsoft HoloLens で Mixed Reality を体験して非常に感心したことは大きく2点あります。

続きを読む→