• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • NATIONAL GEOGRAPHIC
  • 日経電子版

制度会計を行いながら、管理会計も実現

株式会社ミロク情報サービス
営業本部 営業推進部
マーケティング企画グループ 係長
河本佳子

新たに管理会計に取り組む際、スムーズに効率よく実現させるポイントは、「制度会計を進めながら、管理会計に取り組むこと」だと、MJS 営業本部 営業推進部 マーケティング企画グループ 係長 河本佳子氏は言う。

MJSのソリューションは、ワークフローやBI・レポーティングまで一体化しているので、制度会計と並行して、管理会計も簡単に実現可能だ。「会計システムで経営層が求める帳票を柔軟に迅速に出力できるので、別のシステムにデータを受け渡しする必要がなく、科目が新しく追加された場合でも複数のシステムの設定変更をする必要がありません」(河本氏)。

チェーン店舗を展開する企業では、店舗の損益を出す場合、店長、スーパーバイザー、エリアマネージャーなど立場によって評価対象となる数字の集計が異なる。たとえば、店長の業績を評価する場合は設備投資(減価償却費)やテナント料などの固定費も含めると不公平になるが、エリアマネージャーなどにはこれらを含めた集計が必要だ。MJSのソリューションなら、都度、損益計算書の科目を手作業で組み替えなくても、複数の店舗業績評価資料を簡単に作成可能。経営層が求める資料はさらに異なり、しかも経営環境に合わせて要望も変化していくが、こうした声にも柔軟に対応することができる。

MJSが提供するERPシステム「Galileopt NX-Ⅰ」では、勘定科目の体系を柔軟に設定可能。通常の組織体系とは別に「エリア別」、「出店時期別」、「立地別」など仮想的な集計部門を自由に設定できるので、部門、役職など、さまざまな立場の多様な要請に柔軟に対応できる。

最新テクノロジーをした活用サービスも続々登場予定

MJSのソリューションは、財務を中心に、人事給与、販売管理、税務申告、債権債務、資産管理など多彩なモジュールを用意しており、他システムとの連携も容易。一般的なERPのようにすべてを刷新しなくても、財務だけでもスタートできるので、業務面でもコスト面でも、導入のハードルが低い。また、SOHOのような小規模企業から、中小、中堅、大企業と企業規模に合ったソリューションを用意しており、自社の規模や業態に合わせて最適なソリューションを選択可能。成長に応じて、使い慣れたシステムを拡張していくのも容易だ。

もちろん、アクセス制御やログの収集など、内部統制に必要な機能も装備。経費精算のワークフローも用意されている。「ワークフローを利用して、社員各自が経費データを入力し、上長がワークフロー上で承認するといったワークスタイルに変革することで、全社的により効率的な働き方が可能になります」(河本氏)。

さらにMJSは、AIやFinTechを活用した先進サービスも提供している。志牟田氏は、「領収書をスキャナやスマートフォンで読み取り、その情報を元にAIを活用して自動仕訳まで実現する機能や、銀行のデータを自動で取り込める機能なども提供していく予定です」と語る。

最新のテクノロジーを取り込みながら、進化を続けるMJSのソリューション。今後も経理現場を革新する新たなソリューションが期待される。さらに同社では、経理部門を率いるリーダーを対象に、全国各地で随時セミナーも実施中。自社の経理業務効率化のヒントとなる実践的なノウハウを紹介している。ぜひ参加してみてはいかがだろうか。

お問い合わせ

株式会社ミロク情報サービス

http://www.mjs.co.jp/

▲ページの先頭へ