働き方進化論 -「働き方の変化」を「ビジネスの成果」に結びつける方法とは-

なぜイノベーティブな働き方が必要なのか その重要性と具体的な実現法とは?

世界的に見ても極端な少子高齢化が進んでいる日本では、これから労働者の人口が急速に減っていく。企業がサステナビリティー(持続可能性)を確保するためには、労働生産性を飛躍的に向上させなければならない。ここでは、組織論や経営戦略論を専門とする、明治大学大学院グローバル・ビジネス研究科の野田稔教授の指摘を交えて、本コンテンツでは、これから日本企業はどのような針路をとるべきか探っていく。

コンテンツの詳細はこちら

PAGE TOP
PAGE TOP
PAGE TOP
PAGE TOP
PAGE TOP