働き方進化論 -「働き方の変化」を「ビジネスの成果」に結びつける方法とは-

残業ゼロの時代がやってきた AIがコツを伝授? 働き方を見直して生産性向上!?

「昨日は〇時間しか寝てない」「〇〇日連続で出勤している」――。こんな会話を聞いたことのある人も多いだろう。実際、つい最近まで多くの企業で長時間働くことはある種“常識”だったといえる。しかし、労働環境が社会問題化し、グローバル化が進む現在、その働き方に疑念を持つ人も多い。「長時間働く=よく頑張っているという考え方はおかしい」、「日本人の働き方は、非効率的だ」と指摘する外国人も少なくない。非効率というだけならまだいいが、労働人口が減っていく中では、それは組織として海外のライバル企業に負けてしまうことにつながりかねない。

それでも、日本企業のなかなか働き方を変わっていかないのはなぜだろうか。その原因を「そもそも従業員や経営者がどこに無駄があるのかわかってないから」と指摘するのは、組織論や経営戦略論を専門とする、明治大学大学院グローバル・ビジネス研究科の野田 稔教授だ。これまでの働き方のどこが問題で、何がこれからの日本企業に求められるのか。

あなたの組織は5年後に生き残れるだろうか。恐れることはない。今すぐに始めよう。あなたの組織でも必ずや役立つ、AI活用に代表される新しい時代の働き方を以下で紹介しよう。

コンテンツの詳細はこちら