• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
日経ビジネスONLINE Special 週刊日経ビジネスオンライン SPECIAL日経ビジネスオンライン

データ活用とAIで新しい価値を創出

富士通株式会社
デジタルソリューション事業本部
シニアディレクター
倉知 陽一

クラウドやビッグデータを皮切りに、IoT、AI、ロボティクスなどの新たな技術が次々に実用化する今、これらを組み合わせることで、アイデアから新規事業を創出する「デジタルトランスフォーメーション」を加速できる。この過程を共創の形で支援するソリューションが登場している。

 現在では、モバイルインターネットの波に続いて、Internet of Things(IoT)、人工知能(AI)、ロボティクスといった革新的なデジタル技術の新たな波が押し寄せつつある。

 「ビッグデータが流行した時代には、データ分析のみにとどまることもありましたが、AIや機械学習の発達によって、情報を集めて解析・最適化し、ロボティクスにより自動化することで、現実の業務に役立つようになってきました」。富士通デジタルソリューション事業本部シニアディレクターの倉知陽一氏はこう指摘。最近では、経営層や分析の専門家だけでなく、現場部門主導のデータ活用によるイノベーションの創出が始まっていると述べた。

 自動走行車などの実用例からも明らかなように、AIの能力は急速に向上している。富士通も、「人と協調する、人を中心としたAI」をコンセプトとするAI「Zinrai」を提唱。金融、製造、流通、公共などの様々な領域にAIソリューションの提供を開始している。

 ビッグデータとAIを使った富士通ソリューションとしては、予兆監視、Web行動分析、需要予測などに向く「ODMA」(Operational Data Management & Analytics)などがあり、ビジネスの現場で大きな成果を上げている。

 富士通社内でも、PC直販サイト「WEB MART」のデータをデータ管理プラットフォーム(DMP)で統合・分析することで、顧客獲得単価(CPA)を従来の1/3とすることに成功。またサポート業務では、知識ベースやチャットボットによる顧客対応の高度化を実現している。

顧客に共創型の支援を提供

 こうした最新のデジタル技術を使ってアイデアから新規事業を創出するのが、デジタルトランスフォーメーションだ。富士通は、このデジタルトランスフォーメーションを目指す企業に対し、チームを組んで共創する形で支援を提供している(図)。

 「弊社がFUJITSU Knowledge Integrationで提唱する共創型支援では、情報を集めて課題を発見し、“ワイワイ・ガヤガヤ”の中からアイデアを拾い上げ、必要最小限のシステムを実装する「リーンスタートアップ」の手法を採用しています。このサイクルを短期間に繰り返しながら質を高めていきます」と、倉知氏。

 今、企業が重視しているのは、企業対企業、企業対生活者、企業対社会の関わり(エンゲージメント)の中から新しい価値を作り上げること。デジタルトランスフォーメーションを加速するには、エンゲージメント用のSoE(Systems of Engagement)と基幹系などのSoR(Systems of Recording)をシームレスに連携することで企業システム全体の最適化を図っていくことが重要だと倉知氏は強調した。

図 お客様との共創の取り組み 富士通は、全行程にわたって共創型の支援を提供する
[画像のクリックで拡大表示]
図 お客様との共創の取り組み 富士通は、全行程にわたって共創型の支援を提供する
お問い合わせ
  • 富士通株式会社

    富士通コンタクトライン(総合窓口)

    受付時間 9:00 ~ 17:30
    (土・日・祝日・富士通指定の休業日を除く)

    TEL:0120-933-200