医療・医学の発展をリードしてきた京大病院の新たなチャレンジ

ビジョンは「データサイエンスの拠点」
統合データウェアハウスがデータ活用の中核を担う

京都大学医学部附属病院で、新しい統合データウェアハウスが動き始めた。特定分野のデータだけを対象にするのではなく、さまざまな診療科や研究組織の持つ多様かつ膨大なデータを統合的に蓄積・分析することで、病気の予測や予防法の発見などを目指すという野心的な取り組みだ。これほどの規模で多種類の医療データを管理する統合データウェアハウスは、国内ではほとんど例がない。この仕組みの核となった「IBM MD-View」(以下、MD-View)の提供をはじめ、導入プロジェクトを全面的にサポートしたのがIBMである。

次世代病院を見据えた京大病院のチャレンジとは?