日経 xTECH Special 日経 xTECH 日経 xTECH Special

東芝三菱電機産業システム株式会社

顧客の期待と信頼に応えて
高品質な製品群を世に送り出す

 東芝と三菱電機の産業システム部門の統合により、東芝三菱電機産業システム(以下、TMEIC)が誕生したのは2003年。以来、2社から継承した技術・事業基盤をさらに発展させ、日本を代表する重電機器メーカーの一社として広範なビジネスを展開してきた。

 同社のコア事業は、電力を効率的に変換・制御する「パワーエレクトロニクス機器」、工場・プラント内の機器を動かす発電機・モータなどの「回転機」、産業用を主体とした各種プラントの「エンジニアリング事業」の3つ。加えて環境負荷低減やIoT、ビッグデータなどの先端テクノロジーにも注力しながら、高品質な製品とシステムを市場に送り出している。

工場全体の仕組みを理解できていなければ、的確な提案は難しい。毎日が勉強の日々だ
[画像のクリックで拡大表示]

 その優位性は、両社の1世紀にわたる知見の蓄積がもたらした、技術力と提案力にある。「両社の製品・システムを扱うことができ、かつTMEIC独自の強みを加えることもできる。この点は当社の大きな強みです」と話すのは、入社3年目の安藤 数馬氏である。

 現在は、石油化学プラントや半導体メーカーを顧客とする「技術営業」としてプラント・工場の監視制御システムを主に担当する安藤氏。工場設備の稼働状況をデータ化し、監視制御システムや設備管理システムと連携する自社製の電子操業日誌ソリューション「Plant LogMeister(プラント・ログ・マイスター)」が強みであるという。「DCS(分散型制御システム)から得られた(可視化された異常などの)データや操作員の気付き、引き継ぎ事項などの有用な情報を活用して工場全体の効率的・安全な操業に貢献するこのソリューションは、東芝・三菱電機時代の経験に、TMEICとして新たに開発した技術を融合して生まれたもの。『これが必要だったからTMEICをパートナーに選んだ』とお客様に言われることも多く、アドバンテージを感じます」と安藤氏は言う。

疑問点は頼れる先輩エンジニアに相談。サポートを受けながら成長できる
[画像のクリックで拡大表示]

 また、同様の思いは、入社2年目の宮崎 将来氏、入社4年目の谷口 よしの氏も抱いている。例えば、現在は工場向け大型発電機の設計を担当している宮崎氏は、入社後、三菱電機をルーツに持つ長崎事業所と、東芝をルーツに持つ京浜工場の両方で研修を受講した。両社の技術を吸収できる恵まれた教育環境に、大いに刺激を受けたという。

 「長崎事業所と京浜工場の技術者が回転機についての技術交流を頻繁に行い、複数のアプローチを精査し、より良いものづくりを追求していける点は、エンジニアにとっての魅力です」(宮崎氏)

 さらに、UPS(無停電電源装置)の構造設計を担当する谷口氏は次のように語る。「常に2社の技術資料を参照しながら進めています。当社のエンジニアは、いつでも2社合計200年分のナレッジを役立てることができるのです。これは、他社にない強みであり、エンジニアとして成長していくための大きなプラス要素だと思います」。

「より良いものづくり」とは何か
考え、学び、成長できる環境

 こうした環境のもと、3人をはじめとするTMEICのエンジニアは、理想のエンジニア像に向かって日々、研鑽を続けている。

 学生時代の専攻をそのまま深堀りしていくケースもあれば、学生時代の研究領域とは異なる領域の業務に携わり、スキルの幅を広げていくパターンもある。どちらの場合も、年次・職位に合わせた研修プログラムや工場での実習などが用意されており、必要な業務知識は入社後に身に付けていくことが可能だ。

 ただ、当然、仕事の中では壁にぶつかることもある。「私の場合、電気電子工学科出身で、機械の構造などに関する知識があまりなかったため、入社当初は苦労しました」と谷口氏は振り返る。

 例えば、初めて作成した設計図を現場に持ち込んだときのこと。UPS内に組み込む電流変換ユニットの設計図だったが、組み立て担当の先輩から「これだとつくりにくい」と指摘を受けたという。「どの順番で部品を組んでも完成できるのが優れた設計なのですが、私の設計は、特定の順序で組まなければ完成できないようになっていたのです」(谷口氏)。

 そこで谷口氏は、先輩のアドバイスを基に、現場の作業しやすさに配慮した設計を考案。一からつくり直し、無事現場に受け入れられる設計図をつくることができたという。

 「似たような経験は、私たちもしています。でも、そんなときは必ず、先輩エンジニアが助け舟を出してくれます」と安藤氏は言う。設計に対して自分なりの考えを持つエンジニアが多く、技術に関する議論も活発に行われている同社には、常に「より良いものづくり」を考える風土がある。わからないことは、詳しい先輩にいつでも質問することができるという。

 「今も、不安なときは現場の先輩に見てもらい、意見を聞くようにしています。これを繰り返しながら、一層の技術とノウハウを身に付けていきたいですね」と谷口氏は述べる。

いつか「世界一の製品」をつくる
大きな夢に燃える先輩が活躍中

 現在、同社は世界14の国・地域で事業を展開している。このグローバル展開は今後も加速していく予定だ。エンジニアが海外で活躍するチャンスも大きく広がっている。

現場の技能者とも意見交換を繰り返しながら、より良い設計を追求する
[画像のクリックで拡大表示]

 「私の部署では、今後、アジア地域を中心として、北米・中東にも幅広く展開していく計画です。現在は上司や同僚と共に、どうビジネスチャンスを切り開いていくかを模索中。仕事が広がっていく面白さを感じています」と安藤氏は語る。

 また宮崎氏は、自らのエンジニアとしての目標を「世界一の発電機をつくること」だと話す。同社の出力500kVA以上の発電機は、日本国内ではトップクラスのシェアを誇る一方、世界ではまだ数%にとどまっている。そのため、世界に認められる発電機をつくることで、一層のビジネス拡大につなげる狙いだ。「コストを抑えつつ、性能を高める。この難題をクリアし、最高の製品がつくれるように頑張りたいですね」(宮崎氏)。

 2つの100年企業のDNAを継承しつつ、新たなDNAとして生まれ変わろうとしているTMEIC。その明日は、若きエンジニアたちの双肩にかかっている。

Corporate Data
会社情報 【資本金】
150億円(2017年3月)
【社員数】
2,502名(2017年3月31日現在)
【設立】
2003年10月1日
【事業内容】
(1)製造業プラント向けを主とした産業システムおよび電機品の販売・エンジニアリング・工事・サービス
(2)製造業向け監視制御システム、パワーエレクトロニクス機器、回転機(大容量電動機等)の開発・製造
【海外製造拠点】
米国/ヒューストン、中国/上海・塩城・広州、インド/ベンガルール
採用情報 【採用職種】
事務系:国内営業、海外営業、経理、調達、企画 など技術系:研究開発、電気設計、機械設計、製造技術、品質管理・保証、制御システム開発設計・応用技術、営業技術 など
【採用実績大学】
全国国公私立大学、高等専門学校
【採用実績学科】
全学部全学科
【勤務地】
東京本社および国内外の事業所・支店
【2018年入社予定数】
事務系:15人 技術系:32人
【初任給】
博士了: 267,000円(2017年度実績)
修士了: 235,500円(2017年度実績)
大学卒: 211,000円(2017年度実績)
高専卒: 186,000円(2017年度実績)
お問い合わせ
  • 東芝三菱電機産業システム株式会社
    東芝三菱電機産業システム株式会社

    総務部 人事グループ

    〒104-0031 東京都中央区京橋3-1-1( 東京スクエアガーデン)

    TEL:03-3277-4325

    URL:http://www.tmeic.co.jp/saiyou/newgrads/

    メールでのお問い合わせはこちら