日経 xTECH Special 日経 xTECH 日経 xTECH Special

春のIT展示会 レビュー

Watsonビジネス活用のための勘所

日本IBM
AIソリューションの構築に必要な
継続的な学習と段階的な拡張

IBMのAIプラットフォーム「Watson」が日本で提供を開始してから3年目を迎え、チャットボットなどを本番環境で活用する例も出始めた。だがビジネスで活用するには、精度を高めるための継続的な学習と、多様なチャネルを想定した段階的な拡張が欠かせない。Watsonの専門家がAIソリューション構築の勘所を解説した。

目的に応じて学習させるAIプラットフォーム

日本アイ・ビー・エム
ワトソンサービス
ソリューションアーキテクト
田中 孝氏

 「Watsonはプラットフォームであり、ビジネス利用のためのAIプラットフォームです」。こう話すのは企業のWatson導入を支援する日本IBMの田中孝氏だ。AIの関心が高まるなか、「Watsonを導入すればすぐにAIとして動いてくれる」と考える企業も少なくないという。だがWatsonは特定の用途で使うことを想定して作られたものではなく、何かをあらかじめ学習した状態で提供されるわけでもない。あくまでもAIのプラットフォームとして提供され、企業自身が目的に応じてWatsonに学習させる必要がある。Watsonは企業のビジネスを支援するAIソリューション(コグニティブソリューション)の位置づけになるという。

 Watson活用の代表的なソリューションには、チャットボット、自然言語による検索などの「人との自然な対話、質問応答」、医療診断、保険審査などの「専門的な知識に基づく高度な意思決定」、新素材研究、創薬などの「新たな発見や創造的活動」があり、また車の自動運転、産業用ロボットの制御などの「ロボットや機械の制御・自動化」、生産、物流などにおける「IoT/ビッグデータを活用した最適化判断」といった領域にも適用の範囲を広げつつある。

 「Watsonは様々な用途に活用できます。実際、日本でも社内検討や実証実験の段階から、すでに20業種以上が本番環境で活用する実績があります。ただし、本番で活用するには、きちんとトレーニングする必要があるのです」と田中氏は強調する。

>>

理解・学習・対話するコグニティブシステム

本記事の続きを無料でご覧いただけます

以下のアンケートにご回答ください。

  • 【情報提供のご希望の方法】

  • IBMおよびIBMの子会社、関連会社は、IBM製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りするために提供くださった情報を使用させていただく場合があります。ご希望をお知らせ下さい。

  • Q1. 本製品/サービスについて、あなたの立場をお選びください。(ひとつだけ)※必須

  • Q2. 記事閲覧の目的をお選びください。(ひとつだけ)※必須

  • Q3. 本製品/サービスについて、自社あるいは顧客企業の導入予定時期についてお聞かせください。(ひとつだけ)※必須

  • Q4. 本製品/サービスの提供企業へのご要望、ご質問などがありましたらお聞かせください。


【ご利用に際しての注意】
本コンテンツの2ページ目以降を閲覧いただく方の個人情報(日経BP社に登録されている氏名、メールアドレス、住所、電話番号、勤務先、所属部署、役職などのご回答内容)は、日経BP社が、本コンテンツスポンサーの広告主に第三者提供いたします。

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものとします。

・ご登録いただいた個人情報は、情報提供元である「日本アイ・ビー・エム株式会社」に提供されます
・IBMおよびIBMの 子会社、関連会社 は、IBM製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りするために提供くださった情報を使用させていただく場合があります。以下の画面にてご希望の方法をお知らせください。
・提供した情報を希望の方法、および IBMのプライバシー取扱基準 で説明されている方法で取扱うことに、同意します。

IBMからの情報受取方法で、e-メールをすでに希望いただいてる方で、今後e-メールでの情報提供の中止を希望の方は、 http://ibm.com/jp/account/ibmdm/ で承ります。

その他、下記「個人情報取得に関するご説明」をよくお読みいただき、同意の上、ご利用ください。

閲覧する