日経 xTECH Special 日経 xTECH 日経 xTECH Special

春のIT展示会 レビュー

AIを活用!今あるべきセキュリティー対策

日本IBM
組織全体のセキュリティー対策を
AIやクラウドを基盤に統合管理

IoTへの攻撃など、高度化する脅威に対して、企業ではインシデント対応、スキル、組織体制の三つの領域で課題を抱えているという。その解決策として日本IBMは、個別のセキュリティー対策ではなく、AIとクラウドを駆使したセキュリティー・オーケストレーションという考え方で組織全体を統合管理するインテリジェントなシステムを提案する。

セキュリティー対策の弱点となるインシデントやスキルの問題

日本アイ・ビー・エム
IBMセキュリティー事業本部
セキュリティー・システムズ事業部
セキュリティー・インテリジェンス営業部
中田 太氏

 IBMのセキュリティー研究開発チーム、X-Forceでは、2018年におけるサイバーセキュリティーの動向を予測。攻撃する側も守る側もAIという高度なテクノロジーを駆使する「AI対AI」や、社会インフラとなる「IoTへの攻撃」、個人情報が悪用される「アイデンティティーの危機」などを脅威に挙げる。

 様々なセキュリティーの脅威に対し、企業ではエンドポイント対策をはじめ、ネットワーク、アプリケーション、データ保護、ID・アクセス管理など、様々なセキュリティー対策を既に講じている。だが、「これまでのセキュリティー対策の問題は、それぞれの対策が連携しておらず、個別の対策になっていることです。インシデント対応、スキル、組織体制に集約される企業側の課題を解決するためには、個別の対策ではなく、統合管理されたインテリジェントなセキュリティー免疫システムが必要です」と日本IBMの中田太氏は強調する。

 人間の体には免疫が備わり、外部からのウイルス菌などの侵入から防御する働きがある。同様に、外部・内部のセキュリティーの脅威から組織全体を防御するためには統合化されたシステムが必要になる。免疫システムを構成する様々な機器でどんなインシデントが起こっているのか、全体を統合的に管理、把握することが適切な対策を講じる上で欠かせないからだ。

>>

外部脅威と内部脅威、統合管理でインシデントに対応

本記事の続きを無料でご覧いただけます

以下のアンケートにご回答ください。

  • 【情報提供のご希望の方法】

  • IBMおよびIBMの子会社、関連会社は、IBM製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りするために提供くださった情報を使用させていただく場合があります。ご希望をお知らせ下さい。

  • Q1. 本製品/サービスについて、あなたの立場をお選びください。(ひとつだけ)※必須

  • Q2. 記事閲覧の目的をお選びください。(ひとつだけ)※必須

  • Q3. 本製品/サービスについて、自社あるいは顧客企業の導入予定時期についてお聞かせください。(ひとつだけ)※必須

  • Q4. 本製品/サービスの提供企業へのご要望、ご質問などがありましたらお聞かせください。


【ご利用に際しての注意】
本コンテンツの2ページ目以降を閲覧いただく方の個人情報(日経BP社に登録されている氏名、メールアドレス、住所、電話番号、勤務先、所属部署、役職などのご回答内容)は、日経BP社が、本コンテンツスポンサーの広告主に第三者提供いたします。

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものとします。

・ご登録いただいた個人情報は、情報提供元である「日本アイ・ビー・エム株式会社」に提供されます
・IBMおよびIBMの 子会社、関連会社 は、IBM製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りするために提供くださった情報を使用させていただく場合があります。以下の画面にてご希望の方法をお知らせください。
・提供した情報を希望の方法、および IBMのプライバシー取扱基準 で説明されている方法で取扱うことに、同意します。

IBMからの情報受取方法で、e-メールをすでに希望いただいてる方で、今後e-メールでの情報提供の中止を希望の方は、 http://ibm.com/jp/account/ibmdm/ で承ります。

その他、下記「個人情報取得に関するご説明」をよくお読みいただき、同意の上、ご利用ください。

閲覧する