• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

富士通とリアル開発会議がコラボ!「本気」の共創を目指す場を実現

富士通とリアル開発会議がコラボ!「本気」の共創を目指す場を実現

多種多様な企業を顧客として抱え、システム開発を通じて多くの企業と深く接している富士通は、様々な企業とアイデアを出し合う「ワークショップ」を主催するなど、「共創」をテーマに新事業創出に取り組んでいる。その同社が、日経BP社が主催するオープンイノベーション型の新事業開発プロジェクト「リアル開発会議」とのコラボレーションを始めた。その狙いや今後の展開などについて、推進役を務める富士通 産業・流通グループ プロモーション企画推進部 マネージャー 瀬藤佐智子氏に聞いた。

瀬藤佐智子氏
産業・流通営業グループ
プロモーション企画推進部 マネージャー

 天才的なイノベーターならば、自分ひとりで斬新なアイデアを次々と出し続け、数々の困難を乗り超えてそれをビジネスに仕上げることができるかもしれない。しかし多くの企業は、こうした天才の登場を待っていては、成長はおろか、生き残ることすらままならない。アイデアを次々と生み出し、それを収益が上がるビジネスへと仕上げることができる確かな仕組みが今、求められている。

 しかし、斬新なアイデアを生み出し、収益を挙げられるビジネスに仕上げることは、簡単ではない。過去の成功体験を持ち、既存事業に日々追われる大企業ではなおさらだ。「新規ビジネス創出の重要性は分かっていても、アイデアを引き出し、育てる有効な手立てがなく困っている企業は多いのではないでしょうか。こうした硬直状態を氷解させるために立ち上げたプロジェクトが『イノベーション・ファーム(略称イノバタ)』です。さまざまな分野の企業の人たちが集い、新規ビジネスの創出を目指して共に考える「共創」の場を目指しています」(富士通 産業・流通グループ プロモーション 企画推進部 マネージャーの瀬藤佐智子氏)。

 これまで日本の強みだと信じて疑わなかったものづくりは、安価に製造できる新興国の企業でも可能になり、大きな価値を生み出さなくなった。だが、強みもまだまだある。特定の分野に偏ることなく、多様かつ高水準な技術を保有していることだ。この点を生かし、日本企業全体で知恵を出し合い、付加価値の高い新規ビジネスを創出する。お互いは見ず知らずではあるが、真剣に新規ビジネスを作り出したいと考える人たちが互いに刺激し合いながらアイデアを出し、膨らませて、ビジネスに仕上げていく。これが富士通の考える共創である。

 今や、あらゆる業種において、自社の得意分野だけに閉じた発想では新しいビジネスを生み出せなくなってきた。農業や建設、医療、教育でのICT(情報通信技術)の活用、介護や警備でのロボットの利用、会計や法曹界での人工知能の利用など…。このような異業種との組み合わせが当たり前のように行われ、人々の生活や社会活動の姿を一変させつつある。「こうした状況の中で、新味あるビジネスを生み出すためには、もはや共創は欠かせないと思います」(瀬藤氏)。

  共創を成功させるためには、多様な企業の参加を促し、それぞれの間をつなぎ、異なる知見や価値観を混ぜて化学反応を起こさせる触媒が欠かせない。富士通はこうした役割を果たせる。メーカーであり、ICT企業でもある富士通は、多種多様な企業を顧客として抱え、人々の暮らしや社会活動に欠かせないシステムを開発・提供しているからだ。システム開発を通じて各企業に深く接しているため、独自の知恵を持つ企業の居所を知っており、ひとつの旗の下に集め、これまで何の関係もなかった企業同士をつなぐことができる。

新規事業創出の機会を増やす

 実は、イノバタでは2013年からさまざまな分野の企業の人たちが集い、自由闊達な雰囲気の中で、議論しながらアイデアを出す、いわゆるワイガヤを実践する「ワークショップ」を開催してきた。ワークショップの中から生まれたアイデアは、誰の所有物でもないことを約束し、ここで見つけた新しい種は、参加者それぞれの企業に持ち帰ることができる。「ワークショップで出たアイデアに事業化の可能性を感じた過去の参加者が、より詳細な事業企画に歩を進めた例が既にあります」(瀬藤氏)。このようなオープンな場を使ったプロセスにおける取り組みは、ウェブサイト(共創支援サイト「イノバタ」)上で公開し、新しい参加者やアイデアの流入を促す考えだ(図)。

「イノバタ」の仕組み
[画像のクリックで拡大表示]

  この取り組みを、さらに発展させて実際に新規事業を創出する機会を高めるのが、今回のリアル開発会議とのコラボレーションの狙いだ。つまり、ワークショップのようなオープンな場での自由な議論は、斬新なアイデアを生み出すうえで有利だ。ところが、アイデアが具体化し、事業化に近づくに従って、オープンな場での議論がそぐわなくなってくる。機密情報に近いものを取り扱う場面もあれば、参加者ごとの目的や注力点がどんどん乖離していく可能性があるからだ。

 そこで、富士通ではクローズドな場として、個別企業と富士通が共同で開発プロジェクトを立ち上げ、事業化に向けてアイデアを具現化していく取り組みを始める。ここでは、プロジェクトの内容に即したICT(情報通信技術)システムを富士通から提案し、お互いがWin -Winの関係になれるビジネスモデルを作る。

 こうして生まれたビジネスモデルを早期に事業化につなげていくために富士通は、リアル開発会議のプラットフォームを利用することを決めた。富士通の顧客企業だけでなく、リアル開発会議を通して新たな企業を募集することで、足りない業種や技術を素早く取りそろえ、事業化を加速する。

自由闊達な文化を日本にも

 シリコンバレーでは、さまざまな企業に所属するエンジニアがカフェに集まり、そこで議論し、お互いに刺激を受けながら新しいビジネスを生み出しているという。しかし残念ながら日本、特に製造業にはこうした自由闊達な場がないのが現状だ。

 イノバタでは、こうした日本に欠けている場を補い、日本の強みを生かしてイノベーションを生み出しながら、新規ビジネスを量産する仕組みを目指している。ゴールは「企業同士のコラボレーションのハードルが下がり、当たり前のように共創が行われる状態。イノバタのような特別な場が不要になること」(瀬藤氏)。富士通とリアル開発会議が目指す「場」に参加することで、他では得られない気づきが得られる貴重な経験ができるはずだ。明日のビジネスに巡りあうことができるかもしれない。