• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
日経テクノロジーonline SPECIAL

Factory2015 SUMMER

基調講演
ドイツが推進する「インダストリー4.0」などIoT(Internet of things)を軸に製造業の新しいビジネスモデルを模索する動きが工業先進国を中心に活発化している。こうした中で開催された「FACTORY 2015 Summer」は、“産業革命”に向けた取り組みが、既に新しい局面に入ったことを多くの来場者に印象付けた。製造業の新しい時代を見据えて、いち早く動き始めた企業が相次いで登場。「実装」を意識した取り組みや技術・製品を披露したからだ。(続きを読む
パネルディスカッション
工業先進国を中心に製造業の新たな方向を示す動きが世界的に進みつつある。こうしたトレンドの中で、日本の製造業はどのような方向に進むべきか。そこで直面する課題や解決方法は何か。「製造業の新潮流と日本」と題したパネルディスカッションがFACTORY 2015 Summerの中で開かれ、各界のキーパーソンが登壇し、日本の課題と展望についての議論を交わした。(続きを読む
アナログ・デバイセズ
アナログ半導体ベンダーの「老舗」であるアナログ・デバイセズ。センサーからのアナログ信号をデジタル信号に変換・処理して、インターネットの世界に送り出すまでを担う。同社はそれを「ラスト1インチ」と呼びソリューションの拡充を進めている。「FACTORY 2015 Summer」の講演ではインダストリー4.0を支える技術の可能性を紹介した。(続きを読む
デル
デルは2015年7月6日に開催された「Factory 2015 Summer ~グローバル・トレンドの先を読む~」において、「海外展開に強い、グローバルスタンダード調達のメリット」と題し、海外展開する上で欠かせない3つのポイントを取り上げ、自社のグローバル競争力を強化しようとする企業に向けて、事例を交えながらグローバル調達のメリットを紹介した。(続きを読む
レクサー・リサーチ
IoT時代のものづくりでは、製造工程を変えながら最適な生産を継続する仕組みがもたらされる。レクサー・リサーチの生産シミュレータ「GD.findi」は、そのために必要な製造工程のシミュレーションを行ってくれる。「CIMからSIMへ」。同社は「FACTORY 2015 Summer」で講演し、新しいものづくりのコンセプトを提唱し、動的な最適化生産まで視野に入れる。(続きを読む
シーメンスPLMソフトウェア
ドイツでIndustrie 4.0の旗振り役の一角を担う独Siemens社――同社ソフトウェア事業シーメンスPLMソフトウェアの日本法人代表取締役社長である堀田邦彦氏が「FACTORY2015 Summer」に登壇し、Industrie 4.0に込められた考え方や、実現へのプロセスを指南した。(続きを読む
トレンドマイクロ
制御システムのオープン化を背景に、制御システムを狙ったサイバー攻撃が増加の一途をたどっている。セキュリティソリューションを展開するトレンドマイクロは、「つながる工場に迫るサイバー攻撃の最新動向とその対策」と題して、制御システムのセキュリティ対策への取り組み方について講演した。(続きを読む