• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
日経テクノロジーonline SPECIAL

FACTORY秋 セミナー・レビュー

基調講演
「IoT(Internet of Things)」「ビッグデータ」「AI(人工知能)」といったICT( 情報通信技術)や「ロボット」などの最先端の技術を活用しながら、従来の概念を超えて工場が進化する流れが、製造業において一段とはっきりと見えてきた。こうした中、「超工場宣言」をテーマに掲げるイベント「FACTORY 2016 Fall」が、2016年10月19日~10月21日の3日間にわたって東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催された。展示会とフォーラムから成る同イベントでは、製造業の革新に向けた最新の技術や、最先端の事例が続々と登場。業界全体を巻き込む大きなトレンドが着実に進んでいることを、多くの来場者に印象付けた。ここではフォーラムの講演内容を中心に紹介する。(続きを読む
アルチザネットワークス
生産現場の制御ネットワークは汎用技術を取り入れることで、工場外のあらゆるシステムとつながるようになった。半面、仕様が公開されているためデータが偽造されやすく、セキュリティの危険にもさらされるようになった。アルチザネットワークスの門田氏は、外部の攻撃者がどのようにIP(Internet Protocol)を悪用して攻撃を仕掛けているかを解説した。(続きを読む
ラティス・テクノロジー
仮想空間と物理空間を連携させるCPS(Cyber Physical Systems)は、第4次産業革命を具現化する重要なコンセプト。その中核となるのが、現物をデジタル表現するデジタルツインだ。しかし、現在ほとんどのデジタルツイン情報は単なるデータであり、3Dモデルと連携されてはいない。一般的な3Dモデルでは、性能・表現能力も不十分だからだ。ラティス・テクノロジーの3D軽量化技術「XVL」はデジタルツインの基盤として進化を遂げている。3D活用のための充実したソリューション群と全社を貫く設計情報の流れ(XVLパイプライン)により真のPLM(Product Lifecycle Management)を実現する。(続きを読む
シンクロン・ジャパン
従来、多くの製造業は、製品の設計や生産の改善に多くの資金や人材を投じてきたが、製品の販売だけでは、利益率の高い事業を営めなくなった。代わって、にわかに投資価値が高まったのがアフターマーケットでの事業だ。シンクロン・ジャパンの落合克人氏が、アフターマーケットでイノベーションを生み出すためのICTソリューションを紹介した。(続きを読む
トレンドマイクロ
工場の生産設備が汎用のOSとネットワークを採用するようになったことで、セキュリティの問題が浮上してきた。しかし、工場の生産設備ではセキュリティ対策といえども新たな機器やソフトを導入することは難しい。トレンドマイクロの上田勇貴氏は事例を交えつつ、生産現場固有の事情を踏まえた最新のセキュリティ対策動向を紹介した。(続きを読む