• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
日経テクノロジーonline SPECIAL

IoTやAIがもたらす、ものづくりの知能化が加速

基調講演
革新が進む製造業をめぐるトレンドの最先端の話題を取り上げるフォーラム「FACTORY」。2014年3月の初回から数えて7回目に当たる「FACTORY 2016 Spring」が2016年3月14日に東京で開催された。今回のテーマは、「人智五感を超えて進化する工場」。会場には、スマート工場の実現を推進するキーパーソンたちが約600名が集まり、製造業に大きな変革をもたらすIoT(Internet of things)やAI(人工知能)をめぐる最先端の技術や製品に関する講演に熱心に耳を傾けた。(続きを読む
PTCジャパン
I oT(もののインターネット)によってスマート工場を実現するには、全体を統括するシステムが必要だ。PTCのソリューション群は、IoT開発基盤の「ThingWorx」を核に多くのソフトウエアや機能からなり、機械の稼働状況の可視化や分析、作業支援などの一連の流れをシステム化してくれる。また、同社の取り組みは、インダストリアル・インターネットの牽引役になっている。(続きを読む
トレンドマイクロ
生産現場のネットワークが、独立したものから設計や流通まであらゆる工程につながるものに発展するにつれて、「セキュリティ」対策が課題として浮上している。トレンドマイクロの樋口氏は、工場の制御システムがサイバー攻撃で被害を受けた事例を紹介するとともに、制御システムの特性を踏まえたセキュリティ対策を提案した。(続きを読む
シンクロン・ジャパン
IoTの普及を受けて大きな変革が始まったものづくりのワークフロー。その中で高付加価値にもかかわらず、ITの活用が遅れているとされるのが「アフターマーケット」である。シンクロン・ジャパン代表取締役社長の落合克人氏は、IoTの時代にアフターマーケット事業を、ITをベースにした数学的手法で収益拡大事業へ進化させる方法を説明した。(続きを読む
パナソニック ソリューションテクノロジー
ITを活用した生産現場の革新は、構想レベルから具体的な活動を始めるレベルに進んでいる。しかしものづくりのIT化で先行している欧米発のシステムは、「日本のものづくりには適用しにくい」とパナソニックソリューションテクノロジーの藤井氏は指摘。日本のものづくりの特徴と文化を踏まえて、小規模なパッケージを組み合わせていくべきと強調した。(続きを読む