実はハードルは高くない!?「設計解析」の以外な導入アプローチ 試作品を作らずとも、設計段階のデータ上で自由に試行が行える「設計解析」は、製造業各社が注目する技術の1つである。一方、技術的な難しさや初期投資の大きさが、その活用をハードルの高いものにしており、多数のメリットは理解しつつも、導入を見送る企業が少なくないのも現状。本当に、設計解析は限られた企業だけのものなのか。設計解析をより身近なものにする、新たなアプローチを探る。

経験と勘に依存した設計を脱却する方法とは

既存資産を生かし、簡単・低コストに活用をスタート

まずは新しいアイデアを試す環境として使い倒す

将来的には統合プラットフォームへの発展も可能

お問い合わせ

ダッソー・システムズ株式会社
お問い合わせはこちらから