• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
日経テクノロジーonline SPECIAL

めっきでも塗装でもない酸化皮膜でステンレスを黒色化 黒色コイルで後工程の表面処理を省くことが可能

めっきでも塗装でもない酸化皮膜でステンレスを黒色化
黒色コイルで後工程の表面処理を省くことが可能
アベル株式会社

[画像のクリックで拡大表示]

 ものづくり日本大賞を受賞した独自のステンレス発色技術「アベルブラック」でステンレスを黒くすることが可能。膜厚わずか0.4µmの酸化皮膜なので、寸法精度の厳しい部品、例えば車載やスマホ用カメラなどの光学部品に多数採用されている。まためっきや塗装と違い、素地を隠蔽しないので金属の質感を生かした他社には真似できない高級な仕上げが可能。東京スカイツリーのエレベータや高級ブランド店の内装に採用されている。

 アベルブラック処理したステンレスコイル材「SUSが黒帯」を開発し、プレコート材として販売している。プレス加工やフォーミング加工の後工程を省き、工程の短縮に貢献している。海外生産の場合でも、材料を輸出すれば済むので、現地での表面処理工程が不要。

 液晶ディスプレイ、自動車、自転車、建築材料などますます用途が広がっている。


お問い合わせ
  • アベル株式会社

    〒581-0056 大阪府八尾市南太子堂1-1-42

    TEL:072-992-5401

    FAX:072-993-9912

    URL:http://www.abel-s.co.jp/