“明日”をつむぐテクノロジー

Euro NCAP 2018要件に対応した画像認識プロセッサViscontiTM4 安全・情報・環境の進化と共に歩む東芝の車載半導体ソリューション

自動車は「安全」「情報」「環境」をキーワードに急速な勢いで進化を遂げつつあり、電子化と電動化を実現する半導体の役割がより重要になっている。長年にわたって車載半導体を手掛けてきた東芝は、将来の自動運転の実用化に欠かせない高度な画像認識機能を備えた画像認識プロセッサ「Visconti」を筆頭に、次世代の自動車を見据えたソリューションを提供する。
福岡 浩 氏 株式会社 東芝 ストレージ&デバイスソリューション社 ミックスドシグナルIC事業部 車載IC応用技術部 車載技術戦略企画担当 課長

自動車を運転している人であれば、夜道の歩行者にひやりとした経験を少なからず持っているのではないだろか。しかし、そうした危ない思いをすることもいずれは過去のものになるかもしれない。

人間の目では見づらい夜でも自動車が歩行者をいち早く検知して、ドライバーに警告を発したり、ブレーキやステアリングを自動で操作して事故を回避してくれる時代がすぐそこまで到来しているからだ。

背景にあるのは画像認識技術やセンシング技術の進化である。衝突被害軽減ブレーキから自動運転へと機能が高度化する中で、より認識性能に優れるソリューションが登場してきた。

続きを読む
特徴抽出で夜間の認識性能を向上Euro NCAP 2018の要件にも対応
安全・情報・環境の各分野を強化クルマの進化に応えるソリューション

CONTENTS

明日をつむぐテクノロジーSPECIAL TOPへ
明日をつむぐテクノロジーSPECIAL TOPへ