“明日”をつむぐテクノロジー special

独自テクノロジーでさらなる効率を追求 DCモータ制御に30年の実績。高効率や調整レスで進化を図り幅広い製品群でニーズに対応

※記事中の情報につきましては、すべて取材時点のものとなります。
白物家電、複合機やプリンタなどのOA機器、オートフォーカスを備えたデジタルカメラ、各種産業機器、さらにはドローンなど、さまざまな製品や機器に搭載されている小型DCモータは電気エネルギーを機械エネルギーに変換する重要な役割を担う。モータ駆動ニーズの多様化に応え、東芝デバイス&ストレージ株式会社はエネルギー効率に優れたモータドライバを、他社の追随を許さない独自のテクノロジーと幅広いラインアップで提供する。
武本 昭彦 氏 東芝デバイス&ストレージ株式会社 ミックスドシグナルIC事業部 ミックスドシグナルIC応用技術部 ミックスドシグナルIC応用技術第一担当 担当課長

白物家電や産業機器や、OA機器に必ずといっていいほど組み込まれている部品の1つがDCモータだ。送風や冷却、機構の駆動や位置合わせなど、電気エネルギーを機械エネルギーに変換してくれるモータの役割は幅広い。

比較的小型のDCモータの世界市場規模は、車載用の小型モータおよびスマートフォンのバイブ機能に用いられている振動モータを除くと、2014年時点で年間およそ55億個ともいわれており、今後も堅調な伸びが見込まれている。

DCモータは、最も単純なブラシ付きタイプであれば直流電圧を印加するだけで回転させることができるが、正確でムラのない回転をエネルギー効率良く制御するには専用の駆動デバイスが必要になる。

続きを読む
三相ブラシレスDCモータの効率を高める「InPAC」
ステッピングモータの不要電流を省く「AGC」
アナログとデジタルの両方に強み