• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
日経テクノロジーonline SPECIAL

食品機械メーカーの開発設計を改革するCAD

柔軟なライセンス形態で開発設計部門の機動力アップ

大手食品機械メーカーの不二精機(福岡市博多区)は、これまで複数メーカーのCADソフトを混在させて使っていたのを一掃し、オートデスクの製品に統一した。オートデスクの機械設計3次元CAD「Inventor」など計70シートにおよぶオートデスク製品を導入したことで、チームとしての設計生産性が従来に比べて大幅に向上したという。また、元々は永久ライセンスでオートデスク製品を活用していた同社だったが、サブスクリプション(年間契約)方式に移行し、バージョンの統一やライセンス運用などが効率化され、開発設計部門の機動力アップに効果を感じているという。

伊藤 博文氏 不二精機 常務執行役員開発担当
伊藤 博文氏
不二精機
常務執行役員開発担当

 不二精機は昭和33年創業の現在おにぎり成形機で国内トップシェアを誇る食品機械メーカーだ。ユーザーの多くは食品工場や外食チェーンで、特におにぎりを高速に作る機械は、コンビニエンススアの食品工場で幅広く導入されている。また海外でのお寿司ブーム、おにぎりブームにより、海外からの引き合いも多いという。同社の設立当初からユーザーが望む機械の開発に情熱を注ぎ、ユーザーごとにカスタマイズするという丁寧さで開発部門を率いている同社常務執行役員開発担当の伊藤博文氏 に話を聞いた。

 「当社は毎年新型機械を約10機種、既存機種をベースにカスタマイズしたモデルを約30機種開発しています。食品機械ではわずかな設計の差が食感を左右するため、試作と試食を繰り返す必要があり開発には苦労がつきものです。例えばおにぎりなら、高速に大量のおにぎりを作ることだけでなく、ふんわりと成形することにこだわっています。特にお客様が新しい工場や店舗を建設するのに合わせて、機械を導入するケースでは納期がシビアになるので、開発設計業務の効率化は常に求められています。その効率化の一つとして、社内にあるCADソフトの見直しを行い、オートデスク製品を導入しました」。