• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
日経テクノロジーonline SPECIAL

IoT活用は「軽く始める」ことが肝要

「IoTは“異種格闘技”」

山平 欧米の大手メーカーの事例を見ると、機械の予知保全などにIoTを高度に活用していることが分かります。日本だと建機メーカーの事例が有名ですね。先行してIoTに取り組んでいるユーザーは確かに存在し、アプリケーションも明快なのですが、いざ顧客がその世界を自社でも目指そうとすると、そこに至るシナリオを作ることができないようです。シナリオを作るのは情報システム部門なのか、それとも現場のユーザー部門なのかさえはっきりしません。

稲垣 そうですね。IoTは現場に落とし込まないと前に進みません。顧客が関心を持つベストプラクティス的な事例はいろいろあり、その仕組みはある程度理想に近いものかもしれませんが、それが現場にそのまま導入されることはありません。実場面ではそれぞれ状況が異なるので、同じものを提供しても意味がないというわけです。

 顧客は実現したいことが分からず、ベンダーはどうソリューションを提供していけばいいのか読めない。そうであれば、お互いが集まって、対話する中から目指すところを具体化していくことが現時点ではもっとも有効な手段だと考えています。それぞれが持つ情報や技術を「借り物競走」のように集めながら組み合わせることで、顧客もベンダーもIoT活用の方向を見つけ出せるでしょう。その借り物競走を行う対話の場として、IoTエコシステムラボは非常に興味深い存在です。

ユニアデックス
エクセレントサービス創生本部
IoTビジネス開発統括部
統括部長
山平 哲也氏

山平 私はIoTによる事業開発は「異種格闘技」のようなものと思っています。異なる業種のいろいろな立場の人が1カ所に集まり、IoT活用のヒントを見ながらアイデアを戦わせていくうちに、自分たちだけでは思いつかないような新たなアプリケーションのヒントがいくつも浮かんでくる。その中から成功モデルも出てくるでしょう。その様子を見て興味を持った人がさらに参加し、活性が加速していくような場を、IoTエコシステムラボは目指しています。

 アイデアを垂直統合的に自社内で高めていくのには時間がかかります。特にIoTのように新しいものでは、自社のリソースだけではプランはなかなか固まりません。IoTエコシステムラボを会場とした「異種格闘技」で、みんなで頭の中に汗をかきながら、プランを描いていくというわけです。

稲垣 IoTは、今すでに世の中にあるものを作るための技術ではないと思っています。そこがテレビとかスマートフォンなどとの決定的な違いです。ニーズから明らかにするためにはアプローチを根本的に変えていかなくてはなりません。いろいろな立場の方から様々な意見や情報を集めることで、やりたいことが見えてくると思います。

山平 そういう点から考えると、特に中堅中小の企業ほど、IoTエコシステムラボに参画するメリットは大きいと言えるかもしれませんね。大手企業は社内にいろいろな専門家がいますが、その分ステークホルダーも多く、社内調整だけでアイデアの芽がつぶされることもありがちだからです。自由にアイデアを出し合い、その実現に軽い気持ちで取り組んでみるのは、自在に動きやすい中堅中小企業ほど容易でしょう。

「何でもデータを取ってみてから考える」

稲垣 IoT活用のカギを握るのは、やはり「データ」です。センサで多彩なデータを取って、そこから得た知見をビジネスに生かしていくのが、IoTのもたらす効果の基本ではないかと思います。ただ問題は、何のデータを取るのかということです。意味のないデータを取っても仕方ありません。ビジネスの改善のために何をKPI(重要業績指標)とするのか。それが明らかにできれば、IoTでそのデータを取って分析するシステムを作ればいいということになります。

山平 そこはまさに「鶏が先か、卵が先か」なのでしょうね。IoTでどんなビジネスを行うかは、取得できるデータ次第。一方でどんなデータを取るべきかは、どういうビジネスを行うかによって決まるわけですから。

 一つの方法は、とりあえずIoTで何でもデータを取ることから始めてみて、どんな種類のデータを取れるかを実験してみることだと思います。その中から当たりそうなデータ、当たらなそうなデータを選別していって、当たりそうなデータに何らかの計算処理を施すことで何かを発見し、実現できないか考えていくことでIoT活用が進み出すような気がしています。

アルプス電気
営業本部 民生・新市場業務部1G
グループマネージャー
稲垣 一哉氏

稲垣 一つの例として、温度と湿度の情報をもとに計算すると、人が不快に感じる度合いを不快指数として数値化できるようになります。今はAI(人工知能)や機械学習も十分使えるようになりました。それらも組み合わせて、たくさんのデータを取っていろいろ計算を試しながら、どんな効果が得られそうかを検証していくことから始めることが、逆にIoTを活用するための近道なのかもしれませんね。

山平 一般的な事業開発のように、最初にきっちり計画を立てて事を進めていく手法は、実はIoTはなじまないのかもしれません。普通、社内で「新しいビジネスを作れ」とミッションを与えられると、まずPDCA(計画・実行・評価・改善)のPの部分から作り始めますが、IoTでこのPをまじめにやろうとすると、いつまで経っても次のDに進めません。下手すればPだけで1年かかるでしょう。

 まず計画が先にありきの進め方ではなく、「軽く始める」のがIoT活用の成功につながるのではないかと考えています。アイデアが10個あるなら、いろいろ考えずに10個全部試してみればいいのです。当然その中には、データが思うように取れなかったり、取れても何の役に立たなかったりするものもあるはずです。10個のうち4個でも成功すればいい方かもしれません。しかし、それでもいいのではないでしょうか。

 従来の仕事の進め方と大きく異なりますが、ハマる人はハマると思います。そういう人たちを支援していきたいですね。

「遊び心がある方がうまく行く」

山平 そうした進め方をするうえで、アルプス電気の「IoT Smart Module」には大いに注目しています。いろいろな立場の人が集まって試行錯誤しながらビジネスを作り上げていくというアプローチに、まさに合致したソリューションのように思っています。

稲垣 IoT Smart Moduleは、あえて用途を絞っていません。加速度と地磁気の6軸センサ、気圧センサ、温湿度センサ、UV(紫外線)/照度センサの各センサを、Bluetooth®の通信機能と一緒に小型のパッケージに収めていますが、この機能を全部使うユーザーはいないでしょう。意図的に「帯に短し、たすきに長し」にすることで、いろんなアイデアを自由に試しながら話を進めるきっかけになるようにしているのです。

[画像のクリックで拡大表示]
小型で多機能な「IoT Smart Module」。ケースサイズはわずか27×44×11mm
IoT Smart Moduleは「あえて用途を絞っていません」とアルプス電気の稲垣氏は語る
Bluetooth®接続でセンサ情報をスマートフォンに取り込める
[画像のクリックで拡大表示]

山平 先ほど、アイデアが10個あるなら10個全部試してみればいいと提案しましたが、このモジュールで全て試すことは難しいと思います。一方で、IoTを軽く始めることができるため、アイデア実現の可能性をいち早く見極めていくことで、事業化へのスタートも早く切ることができるでしょう。

稲垣 アプリケーションがユーザーによって異なるIoTでは、個々のアプリケーションに合わせてデバイスを開発することはできません。そこでIoT Smart Moduleは最大公約数的に作っているのですが、「見本」となる使い方が次々と生まれてくることを期待しています。

山平 当社でもIoT Smart Moduleを何か身近なものに試してみようということで、「社内のトイレの可視化」に取り組んでみました。男子トイレの個室の扉上部にモジュールをつけて、空き状況を可視化してみたのです。扉の開閉検知には、ちょっと大仰ですが、IoT Smart Moduleが搭載する地磁気センサを使っています。

 実際に試してみると可視化だけでなく、そこで得られたデータから平均使用時間や使用率を計算したり、上下のフロアのトイレも可視化したり、温度や湿度との相関を分析したり、さらには機械学習で混雑予測もできたりすることが分かりました。LINEのボットに空き状況を答えさせる機能とかも作りましたね(笑)。

男子個室トイレの空き状況を可視化する実証実験のため、扉上部に取り付けたモジュール(写真提供:ユニアデックス)
男性個室トイレの空き状況を示すモニター画面(写真提供:ユニアデックス)
[画像のクリックで拡大表示]

稲垣 おもしろいですね。でも身近で少々遊び心がある方がIoTのアイデアはどんどん深まると思いますよ。大きなシステムに生真面目に取り組んでいくよりも、みんなのリアクションは次々と集まり、活用のための議論は一層深まるのではないでしょうか。

山平 IoT Smart Moduleを試してみて、何でもまず「スタートしてみること」が、IoTには重要なのだと改めて感じました。最初にゴールのことをいくら考えても前には進みません。スタートしない限りゴールにたどり着けないのであって、スタートラインに立つためのきっかけとして、IoT Smart Moduleは非常に有用なツールと思います。

稲垣 IoTはまだ黎明期にあり、ユーザー、ベンダーとも活用の方向性を十分見いだせていないのは事実ですが、いずれ社会で普通に活用されるようになるでしょう。新しいことが始まるおもしろいタイミングに、技術者として関われるのは貴重な経験であり、IoT Smart Moduleもその過程でぜひ活用してほしいものですね。

お問い合わせ
  • アルプス電気株式会社

    〒145-8501 東京都大田区雪谷大塚町1-7

    URL:http://www.alps.com/

    製品に関するお問い合わせはこちら